This wiki is currently experiencing migration problems. This is known and will be fixed at some point.

Registered users can edit this wiki.

Mk2-R Radial-Mount Parachute/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Mk2-R Radial-Mount Parachute
パーツ画像
Parachute by
Found lying by the side of the road
接続サイズ 側面設置
コスト (合計) 400.00 Fund
質量 (合計) 0.10 t
空気抵抗 (stowed) 0.22
耐熱温度 2500 K
耐衝撃性 12 m/s
開発技術 Survivability.png Survivability
開発導入費 2800 Fund
実装version 0.18
Part configuration parachuteMk2-R
Semi-deploy drag 1
Semi-deploy trigger 0.04 atm
Fully-deploy drag 500
Fully-deploy trigger 1000 m AGL
Max. Temp chute 650 K
Testing environments
On the surface × 無
In the ocean × 無
On the launchpad × 無
In the atmosphere ✓ 有
Sub orbital × 無
In an orbit × 無
On an escape × 無
Docked × 無
Test by staging ✓ 有
Manually testable × 無

Mk2-R Radial-Mount Parachuteは側面設置型のパラシュートである。

使い方

Mk2-RはMk16と同様の動作をするが、質量は1.5倍である。KSPにおける空気抵抗計算モデルでは質量が大きいほど空気抵抗が大きくなるため、Mk2-Rのほうがより高い減速性能を持つ。同様の理由からMk16-XLはMk2-Rの2倍の減速性能を持っている。

パラシュートの効果は大気密度に依存しており、大気のない天体では展開も出来ない(Munへの着陸にも利用できない)ので注意が必要である。

ゲーム内の説明

Mk16-XLと同性能ですが、てっぺんに取り付ける代わりに側面に取り付けられるようになっています。

変更点

0.18
  • 実装。