Bop/ja

From Kerbal Space Program Wiki
< Bop
Revision as of 02:59, 25 December 2014 by BobBot (talk | contribs) (-usage of /Data pages;)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
ボップ

(Bop)

ボップ (Bop)
軌道からみたボップ
周回 ジュール
軌道の特徴
軌道長半径 128 500 000 m [Note 1]
軌道遠点 158 697 500 m [Note 1]
軌道近点 98 302 500 m [Note 1]
軌道離心率 0.235
軌道傾斜角 15 °
近点引数 25 °
昇交点黄経 10 °
平均近点角 0.9 rad (で 0秒 UT)
軌道周期 544 507 秒
25 d 1 h 15 m 7.4 s
会合周期 547 355.1 秒
軌道速度 1 167 - 1 884 m/秒
最長の日食 10 286 秒
体格的特徴
赤道半径 65 000 m
赤道周長 408 407 m
表面積 5.3092916×1010 m2
質量 3.7261090×1019 kg
標準重力パラメータ 2.4868349×109 m3/秒2
密度 32 391.188 kg/m3
表面重力 0.589 m/秒2 (0.06 g)
宇宙速度 276.62 m/秒
恒星回転周期 544 507.43 秒
25 d 1 h 15 m 7.4 s
恒星回転速度 0.75005 m/秒
同期軌道 2 588.17 km
作用圏 1 221 060.9 m [Note 1]
大気の特性
大気の有無 × いいえ
サイエンスポイント倍率
着陸 12
着水 N/A
低高度宇宙 9
高高度宇宙 8
回収 8

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 距離は表面からではなく中心から(ゲーム内と異なる)

BopJoolの第4衛星である。捕獲された小惑星のようであり、Eveに捕獲された小惑星Gillyに似ている。白い縁をした大きなクレーターがある。山は22km以上のものがあり、これ以上低い高度を周回することはできない。低重力で比較的着陸しやすい点はMinmusと似ている。この低重力のため不規則で膨らんだ地形をしている。殺風景な茶色の地表は固体の炭素や酸化鉄を含んでいる可能性がある。

ゲーム内説明

BopはJoolの小さな衛星である。緑神話では、Bopはクラーケンの棲家と信じられてきた。クラーケンとは不運な探検家の船を渦に飲み込んで引き裂き、忘却の彼方へ送ってしまうというイタズラ好きな怪獣である。

Kerbal天文学会

地形

平地が少なくほとんどが山になっている。表面重力が非常に低いため静水圧平衡状態になっていない。 目を引くのは北半球西側にある非常に大きなクレーターだ。Bopの最高地点は驚異の21,758mであり、海面高度を基準にした場合Kerbol系最高である。この地点は23.87°W、64.57°Nにあり、太陽系最高峰とされる火星オリンポス山と同じくらい高い。

Spoiler: ネタバレ注意
深宇宙クラーケンの死骸が地表にある

バイオーム

5つのバイオームがある。

バイオームリスト

バイオームマップ(0.90.0時)
  • Poles
  • Slopes
  • Peaks
  • Valley
  • Ridges

時間加速

時間加速中 最低高度
どこでも
5× 24 500 m
10× 24 500 m
50× 24 500 m
100× 40 000 m
1 000× 60 000 m
10 000× 80 000 m
100 000× 100 000 m


ギャラリー

変更点

0.90
  • バイオーム追加
0.18.2
  • 作用圏がTyloと交わらないように軌道長半径を増加
0.17
  • 実装