Difference between revisions of "Liquid fuel/ja"

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
(Real world equivalent)
 
(2 intermediate revisions by the same user not shown)
Line 1: Line 1:
{{:Liquid fuel/Box|An [[LV-909 Liquid Fuel Engine|LV-909]] burning liquid fuel and [[oxidizer]]}}
+
{{DISPLAYTITLE:Liquid fuel|液体燃料}}
 +
{{:Liquid fuel/Box|An [[LV-909 Liquid Fuel Engine/ja|LV-909]]で燃焼される液体燃料と[[oxidizer/ja|酸化剤]]}}
 
'''Liquid fuel'''(液体燃料)は[[engine/ja|エンジン]]用の[[resource/ja|動力源]]で、エンジンによって[[oxidizer/ja|酸化剤]]や[[intake air/ja|吸気]]と共に燃焼に利用される。搭載容器には[[liquid fuel tank/ja|液体燃料タンク]]や航空胴体がある。
 
'''Liquid fuel'''(液体燃料)は[[engine/ja|エンジン]]用の[[resource/ja|動力源]]で、エンジンによって[[oxidizer/ja|酸化剤]]や[[intake air/ja|吸気]]と共に燃焼に利用される。搭載容器には[[liquid fuel tank/ja|液体燃料タンク]]や航空胴体がある。
  
Line 5: Line 6:
  
 
== 燃料の混合 ==
 
== 燃料の混合 ==
液体燃料タンクには液体燃料と酸化剤が、航空胴体には液体燃料のみが搭載されている。[[Liquid fuel engine|液体燃料エンジン]]は液体燃料9に対して酸化剤11の比率で混合燃焼する。All but the [[Oscar-B Fuel Tank]] store liquid fuel and oxidizer in this ratio. [[Jet engine/ja|ジェットエンジン]]は液体燃料1に対して吸気15の比率で混合燃焼する。液体燃料・酸化剤・吸気は全て同じ密度であるため体積比と質量比の差はない。
+
液体燃料タンクには液体燃料と酸化剤が、航空胴体には液体燃料のみが搭載されている。[[Liquid fuel engine/ja|液体燃料エンジン]]は液体燃料9に対して酸化剤11の比率で混合燃焼する。All but the [[Oscar-B Fuel Tank]] store liquid fuel and oxidizer in this ratio. [[Jet engine/ja|ジェットエンジン]]は液体燃料1に対して吸気15の比率で混合燃焼する。液体燃料・酸化剤・吸気は全て同じ密度であるため体積比と質量比の差はない。
  
 
== 燃料供給 ==
 
== 燃料供給 ==
液体燃料は[[Resource#Flow modes|隣接部にのみ]]供給される。隣接していないパーツに供給する場合には[[FTX-2 External Fuel Duct/ja|FTX-2 External Fuel Duct]]で接続する必要がある。ただし[[Fuel transfer|燃料の移し変え]]を手動で行う場合には、隣接やFTX-2による接続は必要ない。
+
液体燃料は[[Resource/ja#機内供給の性質|隣接部にのみ]]供給される。隣接していないパーツに供給する場合には[[FTX-2 External Fuel Duct/ja|FTX-2 External Fuel Duct]]で接続する必要がある。ただし[[Fuel transfer|燃料の移し変え]]を手動で行う場合には、隣接やFTX-2による接続は必要ない。
  
 
== 現実世界との比較 ==
 
== 現実世界との比較 ==

Latest revision as of 05:07, 16 October 2014

Liquid fuel
液体燃料
Liquid fuel
An LV-909で燃焼される液体燃料と酸化剤
密度 5 kg/l
他機との受給 はい
機内供給 隣接部のみ
コスト 0.8 Funds/l
0.16 Funds/kg
バージョンから 正体不明

Liquid fuel(液体燃料)はエンジン用の動力源で、エンジンによって酸化剤吸気と共に燃焼に利用される。搭載容器には液体燃料タンクや航空胴体がある。

ジェットエンジンも液体燃料を使用するため「ジェット燃料」という呼称が用いられることもあるが、両者に違いはない。

燃料の混合

液体燃料タンクには液体燃料と酸化剤が、航空胴体には液体燃料のみが搭載されている。液体燃料エンジンは液体燃料9に対して酸化剤11の比率で混合燃焼する。All but the Oscar-B Fuel Tank store liquid fuel and oxidizer in this ratio. ジェットエンジンは液体燃料1に対して吸気15の比率で混合燃焼する。液体燃料・酸化剤・吸気は全て同じ密度であるため体積比と質量比の差はない。

燃料供給

液体燃料は隣接部にのみ供給される。隣接していないパーツに供給する場合にはFTX-2 External Fuel Ductで接続する必要がある。ただし燃料の移し変えを手動で行う場合には、隣接やFTX-2による接続は必要ない。

現実世界との比較

公式には言及されておらず不明だが、ロケット第1段で一般的に用いられるケロシン系燃料RP-1と比較する。RP-1もKerbal液体燃料も常温保存が可能である。しかしRP-1と液体酸素(酸化剤)の一般的な質量混合比は、液体酸素が2に対しRP-1が1.22以上である。[1][2]

関連項目

参考文献

  1. Russian/Ukrainian space-rocket and missile liquid-propellant engines
  2. U.S. space-rocket liquid propellant engines