Probodobodyne RoveMate/ja

From Kerbal Space Program Wiki
< Probodobodyne RoveMate
Revision as of 03:26, 30 January 2019 by Kamonanban (talk | contribs) (Update)
(diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)
Jump to: navigation, search
プロボドボダイン ローブメイト
パーツ画像
Command module によって
Probodobodyne Inc
接続サイズ M
コスト (合計) 800.00 Funds
質量 (合計) 0.15 t
空気抵抗 0.15-0.2
耐熱温度 1200 K
耐衝撃性 12 m/秒
開発技術 Field science.png 実地研究
開発導入費 6 200 Funds
バージョンから 0.19
Part configuration probeRoverBody
Command module
ピッチトルク 0 kN·m
ヨートルク 0 kN·m
ロールトルク 0 kN·m
トルク消費電力
0.000
秒·kN·m
消費電力 2.40 ⚡/分
電力容量 120.0 
SASレベル 0
KerbNet
Field of View (min) 5 °
(max) 10 °
Detection 100 %
Enhancable ✓ はい
Modes Biome
Terrain


プロボドボダイン ローブメイトは、ローバーの本体に使用することを主な目的としたパーツである。電力容量120を有し、他のパーツを取り付けやすい平らな表面形状をしている。

このパーツを電池と考えることもできるが、比エネルギーはわずか0.8 ⚡/kgと低い。電力容量と構造物機能、制御能力を併せ持った操縦装置として作動する。リアクションホイールは搭載されておらず、トルクは発生できない。

製品概要

RoveMateは探査コアやバッテリーをばっちり保護する頑丈な筐体で、面倒な組み立ては不要です!地表用ローバーの車体として設計されましたが、夢見る技術者たちからは「無限の可能性がある!」としょっちゅう聞かされています。安定補助システムを搭載していますが、リアクションホイールは別売りなので、姿勢維持が必要な場合には別途ご準備ください。

バリエーション

バージョン 1.5時点で、この操縦装置には組立中に切り替えられる3つの色バリエーションがある。

White variant
Silver variant
Gold variant
操縦装置の異なるバリエーション

Changes

1.5
  • 新しい形状と色
  • 3バリエーション追加
  • 姿勢指示器とパーツ方向の問題を修正
  • 4接続ノードを側面に追加
1.2.1
  • 増加FoVを175から160に削減
1.2
  • カーブネット追加
1.0
  • 無人機としての機能を追加。
0.19
  • 実装。