Difference between revisions of "T-1 Toroidal Aerospike "Dart" Liquid Fuel Engine./ja"

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
(Created page with "{{:T-1 Toroidal Aerospike "Dart" Liquid Fuel Engine/Box}} '''T-1 Toroidal Aerospike "Dart" Liquid Fuel Engine'''は、すべての大気圧においてspecific impulse|燃...")
 
(トリビア)
Line 13: Line 13:
  
 
== トリビア ==
 
== トリビア ==
* In real life, the heavy aerospike nozzle is an advanced alternative to the classic hourglass-shaped De Laval nozzles sported by the LVT engines. The bell of a rocket nozzle contains and accelerates the supersonic exhaust gas, converting exhaust pressure into velocity along its length. The longer the nozzle, the lower the final pressure becomes. However, in an atmosphere the exhaust stream interacts with the air around it, and if its pressure falls too low in comparison the stream can become unstable and inefficient. In a vacuum, an ideal nozzle has an infinite length, but practically nozzle length is a tradeoff - shorter nozzles can handle thicker atmosphere, but don't generate the exhaust velocity of longer ones. An aerospike provides comparable performance to a De Laval nozzle in space, but at lower altitudes it can be 20-30% more efficient.
+
* 現実では、重いエアロスパイクノズルは、旧来のLVTエンジンのような砂時計型ラバールノズルの発展代替型である。ノズルの鐘型部分は受けたエキゾーストの圧力をノズル方向に沿った速度に変換することで、超音速のエキゾーストガスに加速する。しかし、大気中ではエキゾーストの気流は周りの空気と接触するため、相対的に気圧がさがると、気流が不安定になり、非効率的となる。真空での理想的なノズルの長さは無限大である。しかし、実際にはノズルの長さはトレードオフ、つまり短いノズルは厚い大気に適しているが、長いノズルのようなエキゾースト速度を生み出せなくなる。エアロスパイクは真空中ではラバールノズルと同等の性能を発揮しながら、低高度では20-30%ほどより効率的である。
  
* In versions 0.15, and 0.16, the aerospike had the highest Isp of any stock engine. In versions 0.16 and 0.17, the aerospike had the highest TWR of any stock liquid fuel engine. As a result of these features, it benefited more from the throttle bug than any other engine. Between versions 0.18 and 0.21.1, a large chunk of the part.cfg was missing, resulting in the aerospike having default drag, maxtemp, and impact tolerance. This caused odd behavior under some circumstances.
+
* バージョン0.15から0.16では、エアロスパイクは最もIspが高かった。0.16から0.17では、液体燃料エンジンのなかで最もTWRが高かった。その結果、スロットルバグの恩恵を他のエンジンより多く受けた。0.18から0.21.1ではパーツコンフィグの大部分が行方不明になり、その結果、空気抵抗、最大耐久温度、耐久衝撃がデフォルトの値になった。これによってある状況下でおかしな振る舞いをすることがあった。
  
 
== 変更点 ==
 
== 変更点 ==

Revision as of 20:35, 13 March 2016

T-1 Toroidal Aerospike "Dart" Liquid Fuel Engine.
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
C7 Aerospace Division
接続サイズ M, 側面設置
コスト (合計) 3 850.00 Funds
質量 (合計) 1.00 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 20 m/秒
開発技術 Hypersonic flight.png 極超音速飛行技術
開発導入費 24 500 Funds
バージョンから 0.15
Part configuration liquidEngineAerospike
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 153.53 kN
(真空) 180.00 kN
比推力 (1 atm) 290 秒
(真空) 340 秒
燃料流量 10.80 Units of fuel/秒


推力偏向 × いいえ
Testing Environments
On the surface ✓ はい
In the ocean ✓ はい
On the launchpad ✓ はい
In the atmosphere ✓ はい
Sub orbital ✓ はい
In an orbit ✓ はい
On an escape ✓ はい
Docked × いいえ
Test by staging ✓ はい
Manually testable ✓ はい


T-1 Toroidal Aerospike "Dart" Liquid Fuel Engineは、すべての大気圧において燃焼効率が最も優れているという特徴をもった液体燃料エンジンである。

使用

エアロスパイクは推力重量比が良く、燃焼効率も比較的高い、変わったエンジンである。特徴的なノズルのおかげで、他のエンジンと違い、ほとんどどんな高度においても等しく効率的である。推力偏向はもたないが、この欠点を考慮に入れても、スペースプレーン用のエンジンとして基本的に最適な選択である。

これらの利点に加えて、全長が短いことも特筆できる。スペースプレーンが離陸するさい、後部に付けられたエンジンと滑走路との接触が避けられるからだ。また、同様に大気がある星への着陸船用エンジンとして、重量は増えるがLV-909 Liquid Fuel Engineの代用にも良い。

パーツ説明文

Toroidal AerospikeはC7 Aerospace社にとって大きなブレイクスルーです。旧モデルより重くはなっていますが、その頼もしい排気ノズルによってAerospikeはいかなる高度でも効率的な燃焼を行います。

C7 Aerospace Division

トリビア

  • 現実では、重いエアロスパイクノズルは、旧来のLVTエンジンのような砂時計型ラバールノズルの発展代替型である。ノズルの鐘型部分は受けたエキゾーストの圧力をノズル方向に沿った速度に変換することで、超音速のエキゾーストガスに加速する。しかし、大気中ではエキゾーストの気流は周りの空気と接触するため、相対的に気圧がさがると、気流が不安定になり、非効率的となる。真空での理想的なノズルの長さは無限大である。しかし、実際にはノズルの長さはトレードオフ、つまり短いノズルは厚い大気に適しているが、長いノズルのようなエキゾースト速度を生み出せなくなる。エアロスパイクは真空中ではラバールノズルと同等の性能を発揮しながら、低高度では20-30%ほどより効率的である。
  • バージョン0.15から0.16では、エアロスパイクは最もIspが高かった。0.16から0.17では、液体燃料エンジンのなかで最もTWRが高かった。その結果、スロットルバグの恩恵を他のエンジンより多く受けた。0.18から0.21.1ではパーツコンフィグの大部分が行方不明になり、その結果、空気抵抗、最大耐久温度、耐久衝撃がデフォルトの値になった。これによってある状況下でおかしな振る舞いをすることがあった。

変更点

Appearance before 1.0.5
1.0.5
  • Remodeled and retextured
  • Now it can be stacked above other parts
1.0.3
  • Mass reduced from 1.5 to 1.0
0.22
  • New description
  • Missing part.cfg lines restored: drag is now 0.2, impact tolerance is now 20 m/s, and maximum temperature is now 3600 K.
  • Alternator added, engine now generates 5.0 electric charge per second.
  • cost increased from 850 to 3850
0.18
  • Part now uses fuel and oxidizer. Thrust reduced (250 -> 175), Sea level Isp reduced (390 -> 388), mass increased (1 -> 1.5)
  • (Accidental) drag value (0.2) removed, defaults to 0.1
  • (Accidental) impact tolerance value (20) removed, defaults to 9
  • (Accidental) maximum temperature value (3600) removed, defaults to 3400
0.16
  • Changed part type from LiquidEngine (mass 2.5, thrust 225, fuel consumption 7.6) to LiquidFuelEngine (mass 1, thrust 250, Isp 390)
0.15
  • Initial Release