AV-R8 Winglet/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
AV-R8 ウィングレット
パーツ画像
Winglet によって
Kerlington Model Rockets and Paper Products Inc
コスト (合計) 640.00 Funds
質量 (合計) 0.10 t
空気抵抗 0.02
耐熱温度 2400 K
耐衝撃性 12 m/秒
開発技術 Tech tree advanced flight control.png フライトコントロール
開発導入費 1 800 Funds
バージョンから 0.7.3
Part configuration wingletAV-R8
揚力 0.5
抗力係数 0.5
Deflection range 15°
Surface area 0.95


AV-R8 Wingletは飛行中の機体安定性を補助するモジュールである。AV-T1 Wingletとは異なり、AV-R8は動翼で大気圏内では高い操縦性を発揮する。

使い方

ウィングレットは揚力を発生させるが、過剰に設置するとそれ自身の空気抵抗で機体に負荷がかかるほか、操舵性が悪化する場合もある。ウィングレットの設置位置は前方でも後方でもSASの自動制御により同様な機体安定性を得ることができる。

AV-R8は姿勢安定にも方向転換にも有効だが、大気を利用しているため宇宙空間では利用できない。Version 0.12~0.13.3の頃はAV-R8が着陸脚代わりに広く使われていたが、LT-2 Landing Strut実装に伴い置き換えられていった。

ウィングレットにはパーツの発熱を抑える効果もあり、オーバーヒートしやすい固体燃料ブースターなどに冷却器として取り付けられることもある。

ゲーム内の説明

R8アクティブコントロールウイングレットシリーズはカーリントン製ロケットに使用され宇宙船工学の世界に登場しました。このウイングレットは可動軸を持ち、首振りすることで操縦舵面と同じ働きをします。操縦技術にとても大きな進歩をもたらしたため、沢山の人々がこの技術はカーリントンのスタッフとR8ファンを鼻持ちならないくらい増長させたと考えています。

変更点

0.15
  • (undocumented) Moved from the Structural and Aerodynamic category to Command and Control.
0.10
  • 操作入力に反応して状況に合わせてエレベーター、カナード、エルロン、ラダーとして機能するようになった。
v0.7.3
  • KSP初公開。