Administration Building/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Administration Building
KSC building
Administration Building
レベル 3
レベル 1
レベル 2
レベル 1 レベル 2
所在地 TinyKerbin.png カービン (Kerbin)
TinyKSC.png Kerbal Space Center
高度 67 m
実装version 0.25

運営本部は、アップデート0.25によって宇宙センターに新たに建設された建物です。また、敷地内に唯一プールを有しています。しかしながらプールで泳ぐことは不可能で、プールでのEVAレポートは運営本部の地表データを返します。[1]しかし、プールにローバーを(非常に困難ですがVTOL機でも)乗り入れることが可能で、機体の一部が水面下にあるように見えます。これは一部のプレイヤーから"偽りの水"と呼ばれています。

施設の機能

運営本部では、いくつかの"事業戦略"を選択して実施することが可能で、宇宙開発の特定した側面を強化することができます。例えば、名声の獲得を犠牲にして、サイエンスポイントの収入を増やすことができますし、その逆も可能です。現在、11種類ある事業戦略の中から選択して実施することが可能です。このうち9つは持続的・長期的に効果を表す戦略であり、2つは即座に効果を表す戦略です。

取引戦略

事業戦略のうちの約半数(1.0.5時点で6つ)が契約で得られる資産のうちの一つを別の資産に交換します。この「トレードオフ」は、一つの資産報酬を指定割合分減らし、別の資産報酬を増やします。事業戦略を実施すると、事業戦略による報酬の変化が、契約の報酬資産の後ろに()内表示され、報酬は事業戦略適用後の合計値が表示されます。例えば、報酬が“99 (9)”とある場合は、元の報酬は90で、事業戦略によって9増加し、合計99が得られます。

最大100 %までの資産を交換できます。後に実施した事業戦略は、資産が残っている分に適用されますが、交換割合は常に元の値に対するものになります。

※注意! 交換レートは有利にはなりませんので、3つの資産すべてを得る機会があるキャリア序盤では、ゲームに慣れないビギナーの方は実施しないことをお奨めします。

緊急戦略

2つの事業戦略は、サイエンスポイントまたは名声を即座に一度だけ失う代わりとして、資金を即座に得ます。

その他の事業戦略

3つの事業戦略は、資産の交換ではありません。"積極的交渉"は打ち上げに掛かる機体費用と施設アップグレード費用が減少する代わりに、名声が打ち上げやアップグレードの度に失われます。"機体回収発信器の装着"は、遠い場所での機体回収時の返金率が向上しますが、近い場所で回収した場合の回収率の最大値が減少します。

アップデート1.0.5で新たに追加された"主導的開発計画"は、マイルストーンの資金・名声報酬と、実験データからのサイエンスポイントを増やす代わりに、契約の3つの資産報酬がすべて減少します。初期投資も3つの資産すべてを必要とします。この戦略を最大限に活用するには、資金を早めに獲得して施設アップグレードに要する額を確保するか消費した上で、名声とサイエンスポイントを貯めて実施し、契約は最小限行ない惑星探査に傾注することです。これにより最大1.5倍のサイエンスポイント獲得をもたらします。

サイエンス/サンドボックスモード

サイエンス・サンドボックスモードでは、運営本部は閉鎖され、入ることはできません。

外観

運営本部(Lv3)は2階建てと思われる外観で、屋上には円形のヘリポートがあります。正面入り口は東側にあり、26台分の駐車スペースと6台分の幅広な駐車スペースを設定した区画線が引かれています。フラッグポールと宇宙飛行士センターの敷地に接しています。

レベル

  • レベル1: - 無料
    • 実施可能な事業戦略数:1
    • 最大投資率:25.0%
  • レベル2: - Fund150,000
    • 実施可能な事業戦略数:3
    • 最大投資率:60.0%
  • レベル3: - Fund563,000
    • 実施可能な事業戦略数:5
    • 最大投資率:100.0%

変更履歴

0.90.0
  • 施設レベルを追加。
  • 施設レベルに対応したUIを追加。
0.25
  • 実装。

参考文献

  1. "Kerbal Space Program: Economic Boom is Now Available for Download" released October 7日