Advanced Reaction Wheel Module, Large/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Advanced Reaction Wheel Module, Large
パーツ画像
Stability Augmentation System by
STEADLER Engineering Corps
接続サイズ L
コスト (合計) 2 100.00 Fund
質量 (合計) 0.20 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 9 m/s
開発技術 Tech tree large control.png Specialized Control
開発導入費 11600 Fund
実装version 0.17.0
Part configuration advancedSasModuleLarge
ピッチトルク 30.0 kN·m
ヨートルク 30.0 kN·m
ロールトルク 30.0 kN·m
トルク消費電力
0.020
s·kN·m
SASレベル × None

先進的大型リアクションホイールは、機体にトルクを提供する大口径のモジュールです。トルクの増加により機体の旋回が素早くなり、軽快な操縦感覚を得ることができます。断面サイズ2.5m(サイズ 2)であり、価格が高く重量もありますが、他のリアクションホイールよりも高いトルクを発生させることができます。

ゲーム内の説明

長年の研究の末、ステッドラー社のロケット技術者たちは、大型船を制御するには大型フライホイールが必要であることを突き止めました。"Advanced Reaction Wheel Module, Large"は、"大きなフライホイール™"(特許取得済み)を用いて"大きなトルク"(特許出願中)を得る仕組みになっています。この程度の発見になぜ大規模な研究が必要だったのかを疑問視する声もありましたが、ステッドラー社はすぐさま「我々が問題を解明した今だからこそ簡単に見えるのです」との声明を発表しました。専門家たちは今も懐疑的な姿勢を崩していませんが、このモジュールが従来品に比べて大きく突き抜けた性能を発揮することには異論は上がっていません。ただ、電力消費量が凄まじく、ステッドラー社は目下原因の究明にあたっています。

変更点

0.90
  • SAS機能が削除され、トルクのみ提供。
0.24
  • トルクを20から30へ変更。
  • コストを2200から2100へ変更。
0.22
  • 質量を0.5から0.2へ変更。
0.21.1
  • トルク発生機能を追加。
0.21
  • SAS機能のみ追加(トルク発生機能は無し)。
0.18.0
  • 質量を0.8から0.5へ変更。(リリースノートに記載無し)
0.17.0
  • 実装。