BACC "Thumper" Solid Fuel Booster/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
BACC "サンパー" 固体燃料ブースター
パーツ画像
Solid rocket booster によって
Rockomax Conglomerate
接続サイズ M, 側面設置
コスト (合計) 850.00 Funds
(乾燥) 358.00 Funds
質量 (合計) 7.65 t
(乾燥) 1.50 t
空気抵抗 0.2-0.3
耐熱温度 2200 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 General rocketry.png 一般ロケット工学
開発導入費 2 800 Funds
バージョンから 0.16
Part configuration solidBoosterBACC
Solid rocket booster
最大推力 (1 atm) 250.00 kN
(真空) 300.00 kN
比推力 (1 atm) 175 秒
(真空) 210 秒
燃料流量 19.42 Units of fuel/秒


推力偏向 × いいえ
燃料 820.0 Units of fuel
燃焼時間 (1 atm) 35.2 秒
(真空) 42.2 秒
Testing Environments
On the surface × いいえ
In the ocean × いいえ
On the launchpad ✓ はい
In the atmosphere ✓ はい
Sub orbital ✓ はい
In an orbit ✓ はい
On an escape × いいえ
Docked × いいえ
Test by staging ✓ はい
Manually testable ✓ はい

Rockomax BACC Solid Fuel Boosterは大型の固体燃料ブースターである。

使い方

BACC Solid Fuel Boosterは主に大型多段ロケットの離陸推力を得るため一斉点火する第0段として利用される。点火すると燃焼終了まで一定の推力を生み出し続ける。It should be noted that more boosters doesn't reduce the need for liquid fuel, as one must also take into account thrust to weight ratios. 推力は組立中に右クリックメニューから制限することが出来るが、Kerbin地表では24.5%未満に設定すると自重すら持ち上げられなくなる。

BACCはクラスター化して使用するとオーバーヒートする傾向がある。主な対策は、段階的に点火して同時燃焼数を減らす、冷却効果があるパーツ(支柱動翼ウィングレット等)を取り付ける、組立時に燃料を減らしてオーバーヒート前に終了するように調整する(Version0.23以降)などがある。

バージョン 0.23では、BACCの発射台高度比推力は230秒で、RT-10 Solid Fuel Boosterよりは若干優れており、最も比推力が低い液体燃料エンジンと同等である。第0段としては十分な推力と重量比を持っており、一般的な選択肢に挙がる性能だといえる。

ゲーム内の説明

より揮発性の高い、新たな燃料を満たしたBACCは安価でそこそこの信頼性を持ちます。

変更点

0.19
  • 推力を300から315へ、乾燥重量を1.75から1.5へ変更。
0.18
  • 推力を550から300へ変更。
  • そのほかパフォーマンスの微調整。
0.17
  • 推力を400から550へ変更。
0.16
  • 実装。