CH-J3 Fly-By-Wire Avionics Hub/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
CH-J3 フライバイワイヤ アビオニクス中央集線装置
パーツ画像
Stability Augmentation System によって
C7 Aerospace Division
コスト (合計) 5 200.00 Funds
質量 (合計) 0.08 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2400 K
耐衝撃性 9 m/秒
開発技術 Tech tree large control.png スペシャル フライトコントロール
開発導入費 10 500 Funds
バージョンから 0.15
Part configuration cones
SASレベル 3


CH-J3 フライバイワイヤ アビオニクス中央集線装置は、唯一のSASモジュールです。航空機のノーズコーンに似た形状をしています。

使い方

CH-J3を取り付けることで、SAS制御が不足する機体に、安定化とマーカー方向へのすべての自動制御を提供します。これはキャリアモードのみに有効で、レベルの低いパイロットや、パイロット以外のクルーしか搭乗しない有人機や、機能の不足する遠隔操縦装置を使用する際に役立ちます。 また、カーブネット接続機能を持ち、大気圏内飛行中にスキャン可能範囲が向上します。

ゲーム内の説明

卓越した操縦で仲間をあっと言わせたいけど、そこまでの技術がない。そんな悩みを解決してくれるのが、C7エアロスペースが誇るCH-J3 Fly-By-Wire Avionics Hubです。このモジュールがあれば、ろくに訓練を受けていないパイロットでもエースパイロットように空を飛ぶことができます。注意:本モジュールに自律飛行機能はありません。試みた場合は保証が無効になります。注意:本モジュールにはジャイロスコープと制御システムは含まれていません(別売)。注意:C7ブランドのエチケット袋(別売、現在品切れ中)が適切に使用されなかった場合は保証が無効になります。

大気センターの働きがあった以前のバージョンでは、以下の記述でした。

最新の研究開発によりこのセンサーアレイ内蔵ノーズコーンが生み出されました。飛行機のスクラップからかき集めた沢山の「高品質」センサーとコンピュータを装備しているため、飛行中に大気のデータを収集することができます。

トリビア

バージョン 0.22以前はSAS機能を有したパーツで、航空機の姿勢制御に用いられていました。SASの仕様変更に伴い、全ての操縦装置にSASが内蔵されたため、本パーツはSASモジュールからセンサーモジュールへ変更されました。

変更点

1.0
  • 再び、SASモジュールに変更。
  • 新しいモデルへ変更。
0.22.0
  • 大気センサーへ機能変更。
0.18
  • (リリースノートに記載なし)質量を0.8から0.08へ変更
0.15
  • 実装。