Clamp-O-Tron Docking Port Sr./ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Clamp-O-Tron Docking Port Sr.
パーツ画像
Docking port によって
Found lying by the side of the road
接続サイズ L
コスト (合計) 980.00 Funds
質量 (合計) 0.20 t
空気抵抗 0.25
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 20 m/秒
開発技術 Meta-materials.png Meta-Materials
開発導入費 12 200 Funds
バージョンから 0.20
Part configuration dockingPortSr


Clamp-O-Tron Sr. Docking Port(クランプ・オ・トロン シニア)は2つの機体をドッキングさせるためのパーツである。

使い方

左の正しい取り付け方向でのみドッキングが可能。

その大きな接続サイズからClamp-O-Tron Docking Portやそれ以下のポートより強固なドッキングができる。大型で重量のある宇宙船でドッキングするには非常に好ましい選択である。一方でそれ以外は他のポートと同性能で質量が重い分劣っている。

ドッキングは同じサイズのポート同士のみで可能なことには注意が必要である。When constructing a spacecraft, another part which is not a docking port can be placed on it.ドッキングを解除した場合、その場で再ドッキングは行えず一度離れてから再度ドッキング操作を行う必要がある。

他のポートに比べ、Clamp-O-Tron Sr.は表裏がわかりにくいデザインになっている。両方の機体のClamp-O-Tron Sr.が正しく設置されている場合のみドッキングが可能である。見分け方は本体直径より一回り小さいリングが付いた方がドッキング面である。画像で表裏を示している。

ゲーム内の説明

ドッキングの接続をより強固にするにはどうするかという問題に対する、ひたむきで多額の費用を掛けた研究の結果Clamp-O-Tron Sr.が開発されました。janitor研究員の「大きくしたらいいんじゃないの?」という素晴らしい提案のお陰で、今や皆が宇宙空間で巨大な物体をドッキングするという真のスリルを味わえます。

ドッキング強度

ドッキング強度を正確に決定するのは困難である。現実世界でのドッキング強度は折り曲げや引っ張りなど様々な要素から算出される。しかし当wikiでは誰もそんなことを気にしないので「引っ張り」についてのみ考慮する。

  • 100 kN : ドッキングポート間に隙間が生じる。加わる力が大きくなるほど隙間が大きくなる。
  • 1100 kN(サターンVロケットのJ-2エンジンよりも強い) : メートル単位の隙間が発生する。応力ひずみ曲線に従って弾性限界に達するだろう。
  • 1120 kN : ゆっくりとパーツが離れていく。重心に固定されたカメラ視点が移動することからゲーム処理的には機体が伸びているようだ。70mあたりでドッキングが引き剥がされる(カメラ視点が一気に戻る)。

The force on a docking port within a space ship (e.g. when you are pulling something) is much smaller than your engine force because the part being pulled is going with you. To be on the safe side one can use as a rule of thumb that the port stress is the force applied by the mass of the part that is pulled. More accurate would it is the force of the part pulling minus the force of the part that is pulled.

互換性

同じClamp-O-Tronシリーズ(ジュニア無印シニア)でも異なるサイズ同士では、互換性が無くドッキングすることは出来ない。

変更点

0.20
  • 実装。