Communotron 16/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Communotron 16
パーツ画像
Antenna by
Ionic Symphonic Protonic Electronics
接続サイズ S
コスト (合計) 300.00 Fund
質量 (合計) 0.01 t [N 1]
空気抵抗 0.2 [N 1]
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/s
開発技術 Engineering 101.png Engineering 101
開発導入費 750 Fund
実装version 0.18
Part configuration commsDish16
パケットサイズ 2 Mit
伝送速度 3.33 Mit/s
消費電力 6 ⚡/Mit

  1. 1.0 1.1 The mass and drag are from the part config, but the game handles it massless/dragless.

コミュノトロン 16 は、伸縮展開式のアンテナであり、コムネット通信による実験データの送信や、プローブコアの遠隔操縦、カーブネット接続に用いる通信装置である。コミュノトロン 88-88と同様に、コミュノトロン 16もアクショングループに割り当てて手動で展開、収納が可能であり、未展開でも送信を開始すると自動で展開し、終了後に自動で収納される。

コムネットに接続する場合は、範囲外になる前に展開しておくことを忘れずに。展開されていなければ、内部アンテナが代わりに使用されることになる。

製品解説

Communotron 16は汎用性が高い軽量なアンテナで、中距離通信、長距離通信のバックアップ、政府の極秘任務における諜報活動に適しています。

使い方

Command Pod Mk1上面で伸展したコミュノトロン 16

コミュノトロン 16のデータレートは0.3333 Mit/sで消費電力は6 e/Mitである。最も遅い通信装置であるが、消費電力が最も少なく、プレイヤーがサイエンスキャリアモードで最初に手にするアンテナである。パーツはとても小さく、ほぼどこにでも配置することが出来る。

変更点

1.2
  • 開発費用を240から750に変更
  • パーツカテゴリを科学機器から通信装置に変更
  • コムネット機能追加
0.24
  • コストを150から300へ変更(and made significant)
0.23.5
  • "PhysicsSignificance = 1"を追記。性能表の数値に関わらず質量と空気抵抗が0になっている。
0.22
  • 実効機能を追加
0.19
  • 説明文を追記。
0.18
  • 実装。