Double-C Seismic Accelerometer/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Double-C Seismic Accelerometer
パーツ画像
Environmental sensor by
Probodobodyne Inc
接続サイズ 側面設置
コスト (合計) 6 000.00 Fund
質量 (合計) 0.01 t [N 1]
空気抵抗 0.2 [N 1]
耐熱温度 1200 K
耐衝撃性 8 m/s
開発技術 Electronics.png Electronics
開発導入費 8200 Fund
実装version 0.18
Part configuration sensorAccelerometer
Experiment Seismic Scan
消費電力 0.0075 ⚡/s

  1. 1.0 1.1 The mass and drag are from the part config, but the game handles it massless/dragless.

ダブルC地震加速度検出器は加速度を計測するセンサーである。ScienceモードCareerモードでは、技術ツリー第7層のElectronicsを研究することで開発される。

現時点では[outdated]、"PhysicsSignificance = 1"ステータスが記述されており、質量はなく空気抵抗も0になっている。

使い方

上昇段の側に取り付け、この環境センサは同じ軌道のためのより少ない燃料を使用して、より良く、一定の上昇を提供するために、起動中にあなたの加速を制御するために使用することができます。ダブルCはナビゲーション球上のGメーターよりもはるかに優れた精度を提供する4桁の有効数字が表示されます。上部及び巡航段階ダブルC加速度は一定の速度まで加速するのに必要な時間を推定するために使用することができます。

さらに、それが間接的に使用して、「尺度宇宙船の現在の質量」に使用することができますニュートンの第二法則。質量を推定するために、加速度計を活性化し、工芸が回転しないようにエンジンを発射。

両方の分割は、加速度計によって電流量を一緒にすべてのエンジン力および加速度aを追加することによって、力Fをある与えられました。しかしクラフトは、この加速によって質量を失っているように時間の経過とともに増加しています。したがって、それは時間の短い期間にわたって低燃料燃焼速度でのみ正確です。これはまた、工芸品の軌道を変更しますので、多分 レトログラード熱出力 は後で必要になります。

車両の正確な質量は、マップビューとトラッキングステーションに見ることができるので、バージョン0.20ので、この方法は、ほとんど役に立ちません。

アクティブながら、加速度計は0.0075電荷毎秒(27 E/ h)を排出します。

ダブルC地震加速度計が測定値にGRAVMAX負Gravioli検出器とは独立を与えるという事実は、等価の原則がいることを示している太陽太陽系では無効であるため、そのKerbalスペース一般相対性理論一般相対性理論一般相対性理論[ワット]プログラムの物理学は、と互換性がありません。

ゲーム内の説明

この装置はとても敏感な加速度計を内蔵しており、しっかりと地面に設置された場合正確な地震活動を検出し記録します。飛行中にも使用可能で、機体にかかる加速度を測定することもできます。振り回したり真空に晒した場合保証対象外になります。

変更点

0.23.5
  • "PhysicsSignificance = 1"を追記。性能表の数値に関わらず質量と空気抵抗が0になっている。
0.22
  • パーツ名称をDouble-C AccelerometerからDouble-C Seismic Accelerometerへ変更。
  • 実効機能を追加。
0.18
  • 実装。