EAS-4 Strut Connector/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
EAS-4 ストラットコネクター
パーツ画像
Structural Support によって
Kerlington Model Rockets and Paper Products Inc
コスト (合計) 42.00 Funds
質量 (合計) 0.05 t [N 1]
空気抵抗 0.02 [N 1]
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 12 m/秒
開発技術 General construction.png 一般建造技術
開発導入費 2 800 Funds
バージョンから 0.9
Part configuration strutConnector

  1. 1.0 1.1 The mass and drag are from the part config, but the game handles it massless/dragless.


EAS-4 ストラットコネクターは、2つのパーツを連結し接続強度を高める補強材である。ストラットで連結することで剛性が劇的に向上し、ぐらつきやそれに起因する機体不安定が改善される。物理演算の対象ではないが、親パーツに重量と空気抵抗が追加される。

使い方

ストラットを設置するには両端の設置箇所を指定する必要がある。両端を指定するとパーツが出現する。一端のみ指定した状態で Deleteキーか Escキーを押すことで設置を中止することが出来る。

設置したパーツの一方が、ステージング、あるいはドッキング解除によって離された場合、自動的に切断される。

これは、深宇宙クラーケンを撃退する効果的な手段である。

ゲーム内の説明

Strut Connectorは、より頑丈な宇宙船の建造に役立つとして、多くの宇宙船技術者から高く評価されています。パーツ間に設置すると両端を結ぶ構造部材が形成され、全体の強度が増します。ちなみに重量も増します。

トリビア

  • Kerbal Space Program 日本人プレイヤーの間では、その形状が似ていることから、しばしば「針金」と呼ばれる。

変更点

1.3
  • 両端のどちらからでも選択可能になった。
0.90
  • 常に平行に接続されなくなった。
0.24
  • コストをBlack money.png250からBlack money.png42へ変更。
0.9
  • 実装。