FL-T200 Fuel Tank/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
FL-T200 燃料タンク
パーツ画像
Liquid fuel tank によって
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co
接続サイズ M, 側面設置
コスト (合計) 275.00 Funds
(乾燥) 183.20 Funds
質量 (合計) 1.13 t
(乾燥) 0.13 t
空気抵抗 0.3-0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 6 m/秒
開発技術 General rocketry.png 一般ロケット工学
開発導入費 2 500 Funds
バージョンから 0.14
Part configuration fuelTankT200
液体燃料 90 Units of fuel
酸化剤 110 Units of fuel


FL-T200 Fuel Tank液体燃料タンクで、ScienceモードCareerモードでは、ゲーム開始時から利用できるパーツの1つである。LV-909など下に設置したエンジンに燃料を供給する。

使い方

FL-T200 Fuel TankはScienceモードCareerモードでは最初から使える唯一の液体燃料タンクである。FL-T400と同様に液体燃料エンジンの動力源となる。1基では短時間しか持たず、直列に重ねることで供給時間を確保できる。側面にデカップラーを挟んで燃料タンクを追加することも出来る。

容量は200Lで、LV-909 engine1基を196.2秒間全力燃焼させることが出来る。 FL-T400とは異なり、FL-T200の最適用途はMun着陸・帰還船用や低出力での軌道投入用である。小型機以外の用途では基本性能、部品点数、機体ぐらつき抑制のどれも劣っており大きいタンクを置き換える価値はない。

ゲーム内の説明

ロケット製作者の有り余る情熱を「小さなカワイイ燃料タンク」に詰め込むことが難しかったため、T200タンクは宇宙船建造に受け入れられるまで困難を伴いました。当初、組立場で爆発火災が頻発したため無視に近い扱いを受けたので、過剰に燃料を入れてタンクを痛めつけることを禁止するガイドラインが導入されました。T200タンクは今やいくつかの宇宙開発で特にLV-909エンジンと組み合わせて広く使われています。

変更点

version 0.18以前の外観。
0.18
  • モデルとテクスチャを刷新。
0.16
  • パーツ名称をFL-T250からFL-T200へ変更。あわせて燃料は250から200へ、合計質量は1.25から1.125へ、乾燥質量は0.2から0.125へ変更された。
0.15
  • 右クリックメニューに燃料残量の表示と、燃料使用の切り替えボタンが追加された(リリースノートに記載なし)。
0.14
  • 実装。