FL-T200 Fuel Tank/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
FL-T200 燃料タンク
パーツ画像
Liquid fuel tank によって
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co

接続サイズ M, 側面設置
コスト (合計) 275.00 Funds
(乾燥) 183.20 Funds
質量 (合計) 1.13 t
(乾燥) 0.13 t
空気抵抗 0.3-0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 6 m/秒
開発技術 General rocketry.png 一般ロケット工学
開発導入費 2 500 Funds
バージョンから 0.14
Part configuration fuelTankT200
液体燃料 90 Units of fuel
酸化剤 110 Units of fuel


FL-T200 液体燃料タンク は、タンクより下に設置したLV-909などの液体燃料エンジンに燃料を供給する。

使い方

FL-T200 液体燃料タンクは、FL-T400と同様に、液体燃料エンジンに動力を供給する。燃料タンクを直列に連結することで噴射を短時間延長可能である。ラジアルデカプラーや他の燃料タンクの表面に設置することも可能である。

容量は200Lで、LV-909エンジン1基を最大推力で最長56.2秒間動力供給可能である。 FL-T400とは異なり、FL-T200はムン着陸・上昇ステージや低出力での軌道マニューバに最適である。容量を必要とする場合は大きいタンクから置き換える価値はないが、燃料をより少なくシンプルに使用し、機体の転倒を防ぎ素早い転回に役立たせられる。

ゲーム内の説明

ロケット技術者の大半は"小さくてカワイイ燃料タンク"の熱狂的なファンだったため、T200は宇宙船工学の世界になかなか受け入れてもらえませんでした。組立現場で激しい爆発事故が相次ぎ、"燃料タンクいじめ"を禁じる厳しいガイドラインが定められなかったら、こうした反応は今も払拭されていなかったでしょう。現在、T200はいくつもの宇宙ミッションで広く使用されており、丁寧に製造されてさえいれば、その役割をしっかり果たしています。

Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co

バリエーション

バージョン 1.5時点でこの燃料タンクには建造時に切替可能なバリエーションが4つある。

Dark variant
Black-White variant
White variant
Gray-Orange variant
燃料タンクの異なるバリエーション

変更点

バージョン1.5以前の発光グラフィック
バージョン0.18以前の外観
1.5
  • 新しい形状と外観
  • 4バリエーション追加
0.18
  • モデルとテクスチャを刷新。
0.16
  • パーツ名称をFL-T250からFL-T200へ変更。あわせて燃料は250から200へ、合計質量は1.25から1.125へ、乾燥質量は0.2から0.125へ変更された。
0.15
  • 右クリックメニューに燃料残量の表示と、燃料使用の切り替えボタンが追加された(リリースノートに記載なし)。
0.14
  • 実装。