FL-T400 Fuel Tank/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
FL-T400 燃料タンク
パーツ画像
Liquid fuel tank によって
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co

接続サイズ M, 側面設置
コスト (合計) 500.00 Funds
(乾燥) 316.40 Funds
質量 (合計) 2.25 t
(乾燥) 0.25 t
空気抵抗 0.3-0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 6 m/秒
開発技術 Advanced rocketry.png 先進的ロケット工学
開発導入費 1 600 Funds
バージョンから 0.7.3
Part configuration fuelTankT400
液体燃料 180 Units of fuel
酸化剤 220 Units of fuel


FL-T400 液体燃料タンクは、下部に接続したLV-T30などのエンジンに燃料を供給する。

使い方

0.13以降、ラジアルデカプラーや他の燃料タンクの表面に設置することが可能である。

容量は400Lであり、1つのタンクでLV-T30エンジン1基を最大推力で最長25.36秒間動力供給が可能である。

RT-10"ハマー"固体燃料ブースターとは異なり、推力を変更することが可能である。この違いによって大気圏内での全力噴射による大気圧縮にともなう過熱を避けられ、低軌道での最適な推力や、高軌道での軌道補正のための最小推力などの調整が可能である。

液体燃料エンジンは大気中では最大推力を発揮できないため、適正量の燃料を搭載し、必要以上の大量の燃料は搭載しない運用をすべきである。

ゲーム内の説明

FLシリーズは従来の宇宙用燃料コンテナよりずっと高性能だという評価を受けており、主な理由としては爆発の頻度が低いことが挙げられます。燃料タンクには、その下に液体燃料エンジンを装着しなければ意味がありません。燃料タンクをいくつか重ねることでエンジンの燃焼時間を延ばすことも可能です。

Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co

バリエーション

バージョン 1.5時点で、この燃料タンクには建造時に切替可能なバリエーションが4つある。

Dark variant
Black-White variant
White variant
Gray-Orange variant
燃料タンクの異なるバリエーション

変更点

0.18以前のFL-T500の外観
1.5
  • 新しい形状と外観
  • 4バリエーション追加
0.18
  • モデルとテクスチャを刷新。
0.16
  • パーツ名称をFL-T500からFL-T400へ変更。あわせてコストを550から850へ、容量を500から400へ、合計質量を2.5から2.25へ、乾燥質量を0.3から0.25へ変更。
0.15
  • 右クリックメニューに燃料残量表示、供給停止切替機能を追加(リリースノートに記載なし)。
0.13
  • 表面設置と連結が可能になった(リリースノートに記載なし)。
0.8.5
  • 燃料タンクが空になった際に(燃料タンク切り替え処理のバグで)パフォーマンスが低下する問題を修正。
0.8.4
  • エンジンが燃料タンクに接続できない小さいながらも非常に破壊的なバグを修正。
0.8
  • 燃料タンクを連結して容量(重量も)を増やせるようになった。
  • VAB内でのトライカプラー、燃料タンク、デカプラーの配置に関するバグを修正。
0.7.3
  • 実装