IX-6315 "Dawn" Electric Propulsion System/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
IX-6315 "Dawn" Electric Propulsion System
パーツ画像
Ion engine by
Ionic Symphonic Protonic Electronics
接続サイズ S
コスト (合計) 8 000.00 Fund
質量 (合計) 0.25 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/s
開発技術 Ion propulsion.png Ion Propulsion
開発導入費 16800 Fund
実装version 0.18
Part configuration ionEngine
Ion engine
最大推力 (1 atm) 0.05 kN
(真空) 2.00 kN
比推力 (1 atm) 100 s
(真空) 4200 s
燃料流量 0.486 Xenon unit/s


推力偏向 × 無
消費電力 367.098 ⚡/s
8.740 ⚡/s
Testing Environments
On the surface × 無
In the ocean × 無
On the launchpad × 無
In the atmosphere × 無
Sub orbital ✓ 有
In an orbit ✓ 有
On an escape ✓ 有
Docked × 無
Test by staging ✓ 有
Manually testable ✓ 有

PB-ION Electric Propulsion System電力キセノンガスを動力源とする小型エンジンである。現実でもホール効果推進器として同様の物が実用化されている。VABSPHのパーツ一覧では推進器でありながら"Utility"タブに分類されている。

使い方

PB-IONは比推力4200秒という驚異的な燃費性能を誇っている反面、推力が非常に低く推進には膨大な電力を消費する。キセノンガスはPB-X150 Xenon Containerなどキセノン専用のタンクから供給する。電力は太陽光パネルや原子力電池から供給する。最大推力を発生させるのに必要な電力を賄うには、Gigantor XL Solar Arrayなら半分強、OX-STAT Photovoltaic Panelsなら7基、PB-NUK原子力電池なら12基が必要である。

ソーラーパネルを使用する場合は、バッテリーを搭載することで天体の影に入っている間も電力を確保することが出来る。

イオンエンジンは軌道修正用途に適している。また大気に酸素が含まれていない天体ではジェットエンジンの代替としても広く利用されている。絶大な燃費性能を活かして惑星間航行に利用することも可能だが、推重比が非常に低いためマニューバには非常に長い時間を要することになる。そのため超軽量機で物理ワープと併用することが推奨される。

Kerbinの重力から離脱できるイオンエンジンロケットを建造するのは実質不可能である。エンジン、燃料タンク、無人コア、バッテリーの重量を持ち上げるほどの推力はないからだ。しかし重力が弱いMinmusGillyのような小型天体ではイオンエンジン単独で離脱することが可能だ。version 0.23.5の変更により、最小限の装備のみに限られるがMunの重力に逆らえるイオン推進無人機の建造が可能になった。そのことを考慮すると、DunaMohoDresEeloo、例外的に重力の強いLaytheTyloを除く全ての衛星においては、イオンエンジン単発の推力で重力に対抗できる軽量機の建造が可能だということになる。

Ion-powered "ferries" may also be useful for moving fuel, oxidizer and/or kerbonauts between two larger vessels, by keeping the large craft at such range that only one of them is within draw distance from the "ferry" at any moment, performance loss can be avoided. It is generally more fuel-efficient to move fuel and oxidizer between two ships using a ferry than it would be to dock the larger crafts together using their own engines and RCS.

Because it uses only about 0.485 units of xenon per second, one PB-X50R Xenon Container with 400 units of xenon can supply the engine for almost 14 minutes. The other larger tank PB-X150 Xenon Container with 700 units of xenon has enough to supply the engine more than 24 minutes.

Electrical consumption

The part.cfg lists the electrical consumption as 1.8 E which is the electricity consumed for 0.1 xenon. This is a ratio, and to propel 1 xenon an electricity of 18 E is required. As seen ingame, the fuel flow is 0.0485 kg/s or 0.4849 xenon/s. The electricity consumption is 8.7285 E/s.[1] As the Isp given in seconds needs to be multiplied with a slightly higher acceleration (9.82 m/s²) than g0 (= 9.81 m/s²) the actual Isp in m/s is higher and therefore the xenon and electrical consumption is lower.[2]

ゲーム内の説明

イオン化されたキセノンガスを小さな推進ポートから噴射することで、PB-IONは信じられないくらい効率的に推進力を生み出します。短所はとても小さな推力とコストです。一般的にはこのエンジンは魔術で動いていると考えられており、不幸にも悪評をもたらしてしまっています。

ギャラリー

変更点

0.23.5
  • メーカー社名を"Ionic Protonic Electronics"から"Ionic Symphonic Protonic Electronics"へ変更。
  • 説明文を変更。
  • 推力を0.5から2へ、消費電力を12から1.8へ変更。
0.18
  • 実装。

参考文献

  1. Answer in the forum to Ion Engine consumes more energy than it should.
  2. In File:10X Xenon.png 10 PB-Ion engines are running at full power and consuming a lower value than 10× the theoretical value.