Inland Kerbal Space Center/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Inland Kerbal Space Center
Inland Kerbal Space Center
所在地 TinyKerbin.png カービン (Kerbin)
KerbinBiomeMap.png Highlands
座標
Map
20° 39′ 26″ N
146° 25′ 14″ W
高度 422 m
バージョンから 0.14.2
この記事にはネタバレ要素が含まれています。本記事の見出しへ直接リンクは、読者が警告を無視してしまうのでお控え下さい。

Inland Kerbal Space Center(内陸のKSC またはKSC 2[1])はKerbin上にある第2の宇宙センターである。一般的にはイースターエッグの1つとして扱われている。出発点として使用することはできない。

構造物

Inland KSCはロケット組立棟・発射台・追跡ステーションで構成されている。滑走路は無いが、航空機が着陸できる程度には平坦である。現在[outdated]、Inland KSCの外観にはバージョン 0.20までKSCとして利用されていた旧モデルが使われている。そのため最新バージョンでも昔の外観を眺めることが出来る。

墜落後のイベントログ(F3)で各所に名前がつけられているのが確認できる。発射台には“Launchpad Tower”(発射塔)“Launchpad Platform”(発射台)“PlatformPlane”(発射面)の3箇所。追跡ステーションには“Tracking Station”(追跡ステーション)“antena_gig”(アンテナ搭)“base_rot”。ロケット組立棟には“Vehicle Assembly Building”(ロケット組立棟)“Box064”(隣の建屋)。

位置情報

地表サンプルの結果はKSCと同じものになる。

ゲームシステムではInland KSCは普段利用しているKSCと同一に扱われており、バイオーム実験結果も同じものが得られる。Currently[outdated] the game reports craft landed here as Landed at KSC and craft on its launch pad here as if they were on the LaunchPad at KSC. そのため正式名称は明らかになっていない。

ギャラリー

所在地

Spoiler: ネタバレ注意
Inland KSCは本来のKSCから西北西(方位およそ300°、距離760km)に位置しており、大山脈の南東にある"H"あるいは"K"の形をした窪地が目印になる。また追跡ステーションの側にモノリスがある。

外部リンク

参考文献

  1. e.g. by Lazor System mod