Intake air/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Intake air
密度 5 kg/unit
他機との受給 ✓ はい
機内供給 機体全体
コスト None
バージョンから 0.18.0

Intake air(吸気)はジェットエンジンに必要な動力源である。吸気は酸素を含む大気中で吸気口から得ることができる。吸気量は機体速度に比例し、高度に反比例する。Kerbinでは高度約 30000–40000 mから機体速度と吸気効率の関係が崩れジェットエンジンが動作できなくなる。

デフォルトパーツでは吸気を保存することはできない。余剰吸気は放出されるため、最小限の余剰(0.2~1.0)のみで必要量に近い吸気設計をするのが理想的である。