Island Airfield/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Island Airfield
Island Airfield
所在地 TinyKerbin.png カービン (Kerbin)|- valign="top" 座標
Map
1° 32′ 27″ S
71° 54′ 35″ W
高度 117 m
バージョンから 0.18
この記事にはネタバレ要素が含まれています。本記事の見出しへ直接リンクは、読者が警告を無視してしまうのでお控え下さい。

Island Airfield(アイランド飛行場)は“anomaly”(例外地形)またはイースターエッグとして数えられる、東西に延びる滑走路と南側に管制塔と2つの格納庫を持つ施設である。Flanking the buildings are also six rectangular sections of various dimensions outlined by low walls.飛行場は荒廃しており、放棄されたものだとわかる。正式名称が判明するまでは"Insular Airfield"や"Island Airport"などとも呼ばれていた。

滑走路は海抜133 mに位置しており、全長約1.25 kmで舗装はされていない。滑走路の両端は切り立った崖、滑走路側面の南北には急な丘とKSC滑走路に比べて危険な造りになっている。Like at its mainland counterpart, wheeled vehicles parked on the landing strip without brakes engaged will slowly roll toward the length midpoint. KSCの滑走路とは異なり滑走路灯はなく明かりは管制塔の航空障害灯のみである。

管制塔の外装パネルは剥がれ落ち、内部には雑草が生えている。北側外壁には階段がありKerbalが管制室まで登ることが出来る。管制室内に旗を立てても屋上に移動してしまう。

格納庫には南北が開放されており、Their floors look eroded and with dirt washed in.

ギャラリー

Spoiler: イースターエッグ ネタバレ注意
格納庫内にある3つの旧デザインパーツ

右手にある格納庫には錆び付いた旧デザインパーツが3つ放置されている。3つはそれぞれCommand Pod Mk1FL-T500 Fuel TankLV-T30 Liquid Fuel Engineである。Mk1 Podは本来のサイズと異なり、小さいはずの上部接続ポイントは他のパーツが付いてしまいそうなほど大きく、下部はさらに大きくなっている。

所在地

Old AirfieldはKSCから東南東32 kmの方向に浮かぶ島々のうち、最北にある一番大きい島の北側に位置している。

変更点

0.22での改装以前の外観。

バージョン 0.18では、砂岩のテクスチャで海岸地形から隆起していた。格納庫は3つあり、管制塔は六角形で入り口は一切なかった。建物は全て滑走路の南側にあった。[1]

バージョン 0.22の全面改装の前に、滑走路のテクスチャは草地に変更され着陸の際に判別するのが難しくなった。建物は全て滑走路の北側に移し替えられた。[2]

参考文献

  1. Earliest known YouTube video of landing at Old Airfield
  2. YouTube video of Old Airfield between v0.18 and v0.22