Kerbodyne KR-2L+ "Rhino" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Kerbodyne KR-2L+ "ライノ" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Kerbodyne

接続サイズ XL
コスト (合計) 25 000.00 Funds
質量 (合計) 9.00 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Tech tree very heavy rocketry.png 超超大型ロケット工学
開発導入費 68 000 Funds
バージョンから 0.23.5
Part configuration Size3AdvancedEngine
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 1 205.88 kN
(真空) 2 000.00 kN
比推力 (1 atm) 205 秒
(真空) 340 秒
燃料流量 119.97 Units of fuel/秒


推力偏向 4 °
Testing Environments
On the surface はい
In the ocean はい
On the launchpad はい
In the atmosphere はい
Sub orbital はい
In an orbit はい
On an escape はい
Docked いいえ
Test by staging はい
Manually testable はい


Kerbodyne KR-2L+ "Rhino" Liquid Fuel EngineはXLサイズの液体燃料エンジンである。推力が大きいにもかかわらず比推力が高いという特徴を持つ。KR-2L Rhinoエンジンの比推力は、大気中ではRE-M3 "Mainsail" Liquid Engineに劣るが、真空中ではMainsailエンジン、RE-I5 "Skipper" Liquid Fuel Engineエンジンをはじめ、ほぼすべてのエンジンを上回っている。例外はLV-N "Nerv" Atomic Rocket MotorT-1 Toroidal Aerospike "Dart" Liquid Fuel EngineLV-909 "Terrier" Liquid Fuel EngineRE-L10 "Poodle" Liquid Fuel Engine 等であるが、これらは最高でもKR-2L Rhinoエンジンの10%程度の推力しか出せない。

KR-2Lスペース・ローンチ・システムの計画されている上段エンジンJ-2Xを元ネタにしているかもしれない。

これらのことに加え、エンジンのどちら側にもパーツを取り付けられることから、上段ステージ用エンジンとしてもっとも活用できる。特に、0.25で同時に追加されたXLサイズエンジンS3 KS-25x4 "Mammoth" Engine Clusterが、下部にパーツを接続できないことからも言える。真空での推力は、KS-25x4 "Mammoth"の次に高く、LFB KR-1x2 "Twin-Boar" Liquid Fuel Engineとタイの第2位である。ただし、大気中での推力はKR-1x2 "Twin-Boar"のほうが勝っている。[outdated]

パーツ説明文

このエンジンはKerbodyne社による高度先進エンジンの初の試みです。海面高度では、爆発することなく本来の高効率を発揮できなかったため、用途を上段ステージに変えました。開発で培われた高効率化のノウハウは、高圧力の複合燃焼室を備えた後の製品において再び用途を変えて生かされています(そちらは爆発しません)。このエンジンは宇宙航行の推進として最適化されていますが、海面高度でも立派なパワーを供給します。

Kerbodyne

変更

1.0.3
  • コスト増加(21000 から 25000), 質量増加 (8.5 から 9), 海面高度での比推力増加(170 から 255)
0.24
  • コストが意味を持つようになり増加(2850 から 20850)
0.23.5
  • 実装