LFB KR-1x2 "Twin-Boar" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
LFB KR-1x2 "ツインボア" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Kerbodyne

接続サイズ L, 側面設置
コスト (合計) 17 000.00 Funds
(乾燥) 14 062.40 Funds
質量 (合計) 42.50 t
(乾燥) 10.50 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 20 m/秒
開発技術 Heavier rocketry.png 超大型ロケット工学
開発導入費 65 000 Funds
バージョンから 0.23.5
Part configuration Size2LFB
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 1 866.67 kN
(真空) 2 000.00 kN
比推力 (1 atm) 280 秒
(真空) 300 秒
燃料流量 135.96 Units of fuel/秒


推力偏向 1.5 °
Liquid fuel tank
液体燃料 2 880 Units of fuel
酸化剤 3 520 Units of fuel


Testing Environments
On the surface はい
In the ocean はい
On the launchpad はい
In the atmosphere はい
Sub orbital はい
In an orbit はい
On an escape はい
Docked いいえ
Test by staging はい
Manually testable はい

LFB KR-1x2 "Twin-Boar" Liquid Fuel Engine液体燃料タンク液体燃料エンジンの2つをあわせもった初のパーツである。普通は燃料の移送できない 固体燃料だけが固体燃料ブースターと一緒になっている。固体燃料ブースターと異なり、液体燃料ブースターは液体燃料を追加することで燃焼時間をさらに延長することができる。また、スロットル調整可能(出力そのものと、リミッター 調整)である点でも異なる。自重を持ち上げるのに必要となる最低出力は17.5%である。

LFB KR-1x2は将来のスペース・ローンチ・システムのブロックII型で使われるアドバンストブースターをモチーフにしているのかもしれない。

ブースターには2つのエンジンが外縁に取り付けられているせいで、底部は通常の大型タンクと比べ幅広になっている。また、他のパーツを下に接続することはできない。搭載できる燃料量はRockomax Jumbo-64 Fuel Tankと同じで2,880である。 推力はMainsailエンジンより高く、大型エンジンのなかでは最もパワフルである。ただ、IspはMainsailと比べ、どの高度においてもわずかに(5〜10s)低い。

パーツ説明文

この液体燃料ブースターシステムは工学の意欲の塊といえます。ひとつのエンジンに頼るのでも固体ロケットブースターに頼るのでもなく、KR-1x2は改修したKR-1エンジン2基を採用し、ビルトイン燃料システムからの供給によって巨大な飛翔力を支えます。これら自己完結性の引き換えとして、下部には接続ポイントがなく、それぞれのエンジン本来の効率性も失われています。また、かなりいいお値段もします。

Kerbodyne 0.24


変更

0.24
  • コスト増加(5900 -> 16400), Isp減少(320-360 s から 290-340 s), 説明文変更
0.23.5
  • 実装