LT-1 Landing Struts/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
LT-1 Landing Struts
パーツ画像
Landing leg by
Moving Parts Experts Group
接続サイズ 側面設置
コスト (合計) 440.00 Fund
質量 (合計) 0.05 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 12 m/s
開発技術 Advanced landing.png Landing
開発導入費 2900 Fund
実装version 0.16
Part configuration landingLegLT-1
展開時(左)と格納時(右)の様子。

LT-1 Landing Strutは垂直着陸時に地面から機体を守る着陸脚である。

使い方

LT-1は側面取り付けするパーツで、デフォルトではGキーで伸縮する。LT-2ほど長くは伸びないが質量は半分である。

LT-1は展開しても全長がそれほど無いため、機体下部に設置する必要がある。LV-T30LV-T45の高さでは届かないが、LV-909ならばカバーすることが出来る。

ゲーム内の説明

もともと丈夫な金属製アンテナとして開発されましたが、この着陸脚は確実に着陸に関する重要な事実を明らかにしました。いちいち地面に激突してクレーターを作る必要はないのです。

変更点

0.22
  • モデル、展開モーション、サスペンションを刷新。
0.18
  • パーツ名称を"LT-2"から"LT-1"へ変更。
  • 質量を0.005から0.05へ変更。
0.17
  • パーツファイル、内部挙動を変更。
0.16
  • 実装。