LV-1R "Spider" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
LV-1R "スパイダー" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co
接続サイズ 側面設置
コスト (合計) 120.00 Funds
質量 (合計) 0.02 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Precision propulsion.png 精密推進システム
開発導入費 1 750 Funds
バージョンから 0.21
Part configuration liquidEngineLV-1R
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 1.79 kN
(真空) 2.00 kN
比推力 (1 atm) 260 秒
(真空) 290 秒
燃料流量 0.14 Units of fuel/秒


推力偏向 10 °
Testing Environments
On the surface ✓ はい
In the ocean ✓ はい
On the launchpad ✓ はい
In the atmosphere ✓ はい
Sub orbital ✓ はい
In an orbit ✓ はい
On an escape ✓ はい
Docked × いいえ
Test by staging ✓ はい
Manually testable ✓ はい


LV-1R "Spider" Liquid Fuel EngineLV-1 "Ant" Liquid Fuel Engineの側面設置バージョンである。液体燃料ロケットとしてはLV-1とともにゲーム中最小の推力。これより弱い推力のエンジンはPB-ION Electric Propulsion Systemのみである。比推力は低く、推重比は標準的。側面設置ができるため、バラエティー豊かなエンジン構成が可能となっている。

説明文

LV-1の貧弱さに激怒したエンジニアをなだめるため、側面マウント型LV-1Rを「沢山つける」という素晴らしいソリューションを提案いたします。顔面に直撃しないようご注意を。


変更点

0.24
  • コストが150から650に変更
0.23.5
  • 推力が1.5から4 kNに変更
0.21
  • 実装