LV-1 "Ant" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
LV-1 "アント" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co
接続サイズ S, 側面設置
コスト (合計) 110.00 Funds
質量 (合計) 0.02 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Propulsion systems.png 推進システム
開発導入費 1 500 Funds
バージョンから 0.18
Part configuration liquidEngineLV-1
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 0.51 kN
(真空) 2.00 kN
比推力 (1 atm) 80 秒
(真空) 315 秒
燃料流量 0.13 Units of fuel/秒


推力偏向 × いいえ
Testing Environments
On the surface ✓ はい
In the ocean ✓ はい
On the launchpad ✓ はい
In the atmosphere ✓ はい
Sub orbital ✓ はい
In an orbit ✓ はい
On an escape ✓ はい
Docked × いいえ
Test by staging ✓ はい
Manually testable ✓ はい


LV-1 "Ant" Liquid Fuel Engineは推進用エンジンであり、液体燃料を使用するものとしては最弱である。1.0現在、大気中では非常に低い比推力、真空中では標準的な比推力をもつ。低質量、小サイズのため、小型衛星には良い選択肢といえる。このエンジンの側面設置タイプのLV-1R Spiderエンジンがある。どちらも外観は似ていて真空中推力も同じだが、Ispの性能はまったく異なり、側面タイプのほうがコストがやや高い。

説明文

なにこれ、蟻用エンジン?

これは映画ズーランダーのパロディである。

変更点

1.0.3
  • 大気中比推力を変更(85 から 80)
1.0
  • 質量、コスト、推力、燃料消費を減少、比推力変更。フュエルゲージ追加。ニックネーム追加。
0.24
  • コスト変更(150 から 350)
0.23.5
  • 推力偏向(1.5 から 4 kN)
0.18
  • 実装