LV-1 "Ant" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
LV-1 "アント" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co

接続サイズ S, 側面設置
コスト (合計) 110.00 Funds
質量 (合計) 0.02 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Propulsion systems.png 推進システム
開発導入費 1 500 Funds
バージョンから 0.18
Part configuration liquidEngineLV-1
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 0.51 kN
(真空) 2.00 kN
比推力 (1 atm) 80 秒
(真空) 315 秒
燃料流量 0.13 Units of fuel/秒


推力偏向 いいえ
Testing Environments
On the surface はい
In the ocean はい
On the launchpad はい
In the atmosphere はい
Sub orbital はい
In an orbit はい
On an escape はい
Docked いいえ
Test by staging はい
Manually testable はい

LV-1 "Ant" Liquid Fuel Engineは推進用エンジンであり、液体燃料を使用するものとしては最弱である。1.0現在、大気中では非常に低い比推力、真空中では標準的な比推力をもつ。低質量、小サイズのため、小型衛星には良い選択肢といえる。このエンジンの側面設置タイプのLV-1R Spiderエンジンがある。どちらも外観は似ていて真空中推力も同じだが、Ispの性能はまったく異なり、側面タイプのほうがコストがやや高い。

説明文

なにこれ、蟻用エンジン?

これは映画ズーランダーのパロディである。

変更点

1.0.3
  • 大気中比推力を変更(85 から 80)
1.0
  • 質量、コスト、推力、燃料消費を減少、比推力変更。フュエルゲージ追加。ニックネーム追加。
0.24
  • コスト変更(150 から 350)
0.23.5
  • 推力偏向(1.5 から 4 kN)
0.18
  • 実装