LV-909 "Terrier" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
LV-909 "テリア" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co
接続サイズ M
コスト (合計) 390.00 Funds
質量 (合計) 0.50 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Advanced rocketry.png 先進的ロケット工学
開発導入費 1 600 Funds
バージョンから 0.14
Part configuration liquidEngineLV-909
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 14.78 kN
(真空) 60.00 kN
比推力 (1 atm) 85 秒
(真空) 345 秒
燃料流量 3.55 Units of fuel/秒


推力偏向 4 °
Testing Environments
On the surface ✓ はい
In the ocean ✓ はい
On the launchpad ✓ はい
In the atmosphere ✓ はい
Sub orbital ✓ はい
In an orbit ✓ はい
On an escape ✓ はい
Docked × いいえ
Test by staging ✓ はい
Manually testable ✓ はい


LV-909 "テリア" 液体燃料エンジンは、液体燃料エンジンの一種である。

使用法

LV-909は推力偏向機能を備えた液体燃料エンジンで、上昇、下降、軌道修正に有用である。LV-T30LV-T45に比べて小型・軽量で、わずかに真空比推力が高いが、圧倒的に推力が小さい。推力の低さから下段用エンジンには適さないが、軽さや燃費は上段用エンジンに適している。さらに全高が低いためLT-1 着陸脚の長さでも十分足りる。こういった特徴からLV-909は着陸船に用いるのにも適している。

LV-T30やLV-T45同様、LV-909はラジアルデカプラーに取り付けることは出来ない。LV-909を動作させるには燃料が入ったタンクに直接設置するか、燃料ラインを接続する必要がある。

LV-909の推力偏向角はLV-T45より劣っているものの、主に軽量機体で運用されるため増設あるいはポッド内蔵のSASが発生させるトルクでも十分機体を制御でき、偏向角の不足が問題になることはほとんどない。

LV-T30やLV-T45と違い、LV-909には発電機能がない。

1.6より前は、LV-909はKSP中、複層断熱されている数少ないパーツの一つであった。

製品説明

大推力エンジン至上主義の潮流に真正面から立ち向かったTerrierは当初、宇宙船の製造技術者たちから懐疑的な目を向けられていました。しかし今では宇宙船業界で確固たる地位を築いており、その真価は最終段や着陸用のエンジンの役割を担ったときに発揮されます。

バリエーション

バージョン 1.6時点で、このエンジンには、組立中に切り替えられる3つのバリエーションが存在する。

Shroud variant
TrussMount variant
Bare variant
エンジンの異なるバリエーション
0.18より前の外観
1.6より前の外観

変更履歴

1.6
  • 新しい外観
  • 3バリエーションを追加
0.18
  • 新しい高性能モデルに刷新。
0.17
  • 推力を20から50へ変更。真空での比推力が400から390へ低下した。
0.14
  • 実装。