LV-N "Nerv" Atomic Rocket Motor/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
LV-N "ナーブ" 原子力ロケットモーター
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co

接続サイズ M
コスト (合計) 10 000.00 Funds
質量 (合計) 3.00 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2500 K
耐衝撃性 12 m/秒
開発技術 Tech tree nuclear propulsion.png 原子力推進技術
開発導入費 45 000 Funds
バージョンから 0.17
Part configuration liquidEngineLV-N
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 13.88 kN
(真空) 60.00 kN
比推力 (1 atm) 185 秒
(真空) 800 秒
燃料流量 1.53 Units of fuel/秒


推力偏向 いいえ
Testing Environments
On the surface はい
In the ocean いいえ
On the launchpad いいえ
In the atmosphere はい
Sub orbital はい
In an orbit はい
On an escape はい
Docked いいえ
Test by staging はい
Manually testable はい


LV-N Atomic Rocket Motorは低推力・高効率型のロケットエンジンである。現実世界の熱核ロケットがモデルになっている。通常のロケットが推進剤に点火し化学反応のエネルギーを推力に利用するのに対し、熱核ロケットは原子炉の熱で推進剤を加熱しその膨張を推力に利用する。

使い方

LV-Nは推力が低いうえに質量も重く、液体燃料エンジン中最悪の推力重量比となっている。大気中比推力でも非常に劣っており、大気圏内飛行や大型天体への着陸船にも使用は推奨できない。

しかし大気圏外では真空比推力800秒という液体燃料エンジン中最高の効率を誇る。そのため惑星間航行には理想的で上段用エンジンとして人気が非常に高い。バージョン1.0から液体燃料のみ消費するようになったため、酸化剤を搭載する必要がなくなり、ますます効率性が上がった。

スロットル全開で燃焼させると過熱してしまうが、通常はオーバーヒートで破損する前に安定する。その機体構成のもとで安定して出せる最大の推力を把握し、リミットを設定しておくとよいだろう。

LV-Nの全高はとても高く、Mainsailエンジンに匹敵するほどである。着陸船に使用する場合には、機体下部に十分な高さを確保するために機体設計では様々な工夫を凝らす必要がある。

ゲーム内の説明

側面に恐ろしげな放射能マークがペイントされていたり、放射性排煙を出したりオーバーヒートする傾向もありますが、LV-N原子力ロケットモーターは無害です。ほとんどの場合。LV-NはLVシリーズで唯一液体燃料だけで稼働するエンジンです―未来は明るい!


もちろん間違いなのは知ってるよ。実在の熱核ロケットは燃料と酸化剤を燃焼してはいない。でも僕たちはその2つを急いで別々のタンクにしようとはまだ思っていないんだ。

part.cfg内の開発者コメント

トリビア

  • 説明文の"Mostly Harmless(ほとんど無害)"という言い回しはダグラス・アダムスのSF作品『銀河ヒッチハイク・ガイド』シリーズのなかで人類についての描写からきている。
  • バージョン 1.0以前では現実世界の熱核ロケットとは異なり、LV-Nは液体燃料酸化剤の両方を消費した。これはシステム上の制約によるもので、Squadは燃料の種類を増やしたくないという意向をCFGファイル内でコメントしていた。現実の熱核ロケットは液体水素を推進剤として使用しており、効率は劣るが他の推進剤を用いることも可能である。液体燃料のみスペースプレーン用タンクが追加されたことで制約はなくなった。
  • 面白いことに、LV-Nのシュラウドは2つあり、それぞれエンジンの半分ずつを覆っている。どちらもエディターで選択できる。
  • "Nerv"というニックネームはNASAの核熱ロケット開発計画NERVAから来ており、これは"Nuclear Engine for Rocket Vehicle Application"の頭文字である。

変更点

1.0
  • LV-N "Nerv"エンジンとなり液体燃料だけで稼働する
  • ジンバルがなくなった
  • 質量が2.25から3に増加
  • Ispカーブが1気圧以上にも対応し、2気圧ではIspは0.0001まで落ちる
0.24
  • コストが意味を持つようになり、1700から8700へ変更
0.22
  • 発電機能を追加。発電量は5.0 E。
0.17
  • 実装。