LV-T30 "Reliant" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
LV-T30 "Reliant" Liquid Fuel Engine
パーツ画像
Liquid fuel engine by
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co
接続サイズ M
コスト (合計) 1 100.00 Fund
質量 (合計) 1.25 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/s
開発技術 General rocketry.png General Rocketry
開発導入費 3200 Fund
実装version 0.7.3
Part configuration liquidEngineLV-T30
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 205.16 kN
(真空) 240.00 kN
比推力 (1 atm) 265 s
(真空) 310 s
燃料流量 15.79 units of fuel/s


推力偏向 × 無

LV-T30 "リライアント" 液体燃料エンジンは、キャリアモードで最初に使用可能になる液体燃料エンジンである。液体燃料タンクを必要とし、直接接続または、供給ラインを設置する必要がある。

外見はアトラスⅡロケットの後期で使用されたRS-56-OBAブースターエンジンに似ている。

使用

LV-T30は、スロットル制御でき、停止、再始動機能をもつ最初の液体燃料エンジンであり、機体を安全かつ正確に操縦することを可能にしている。また、固体燃料ロケットのおよそ2倍の比推力をもつ。このエンジンは他の直列設置エンジン同様、側面には配置できず、推力を生成するには空でない液体燃料タンクの下に直接設置しなければならない。タンクは側面配置することが可能なため、LV-T30をその下に設置すれば、並列して設置することができる。推力偏向ができないため、姿勢を制御するにはリアクション・ホイールや可動フィン、動翼、あるいはLV-T45など推力偏向可能な別のエンジンを並列配置するなど、他の手段を用いる必要がある。

LV-T30は、液体燃料エンジン中、最も高い推力対コスト比を持っている。つまり、最も安価に推力を生成できる。これは、ジンバル機構が欠如していることを補う利点であり、機体が高価になることが重要な意味を持つキャリアモードにおいて、最も費用対効果の高いエンジンの1つであることを意味する。

ゲーム内の説明

そのへんに転がっていた部品の使用率があまりにも高すぎる」と批判されがちなLV-Tシリーズですが、Reliantの信頼性はどちらかというと高めということは証明されています。故障や動作不良の割合は50%を下回っており、エンジニアやLV-Tシリーズのお得意様たちからは従来ののモデルに比べて大きな改善だと評価されています。

変更点

0.18以前の外観。
1.2
  • 推力が215から240に増加
  • 比推力が300秒(真空中)/280秒(海面高度)から、310秒(真空中)/265秒(海面高度)に変更
1.0
  • 比推力が370秒(真空中)/320秒(海面高度)から、300秒(真空中)/280秒(海面高度)に変更
  • パーツ費用が850から1100に増加
0.22
  • 発電量を7.0へ増加
0.18
  • テクスチャとメッシュを再制作
  • 発電機能を追加。発電量は1.0。
0.16
  • Major CFG revision (most notably Isp added)
0.8
  • (Bug fix) Liquid Engine particle effects responding to engine cutoff
0.7.3
  • 実装