LV-T45 "Swivel" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
LV-T45 "スウィーベル" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co
接続サイズ M
コスト (合計) 1 200.00 Funds
質量 (合計) 1.50 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Basic rocketry.png 基礎ロケット工学
開発導入費 3 500 Funds
バージョンから 0.12
Part configuration liquidEngineLV-T45
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 167.97 kN
(真空) 215.00 kN
比推力 (1 atm) 250 秒
(真空) 320 秒
燃料流量 13.70 Units of fuel/秒


推力偏向 3 °
Testing Environments
On the surface ✓ はい
In the ocean ✓ はい
On the launchpad ✓ はい
In the atmosphere ✓ はい
Sub orbital ✓ はい
In an orbit ✓ はい
On an escape ✓ はい
Docked × いいえ
Test by staging ✓ はい
Manually testable ✓ はい


LV-T45 "スウィーベル" 液体燃料エンジンは、外部液体燃料タンクからの燃料供給を必要とし、それらの下に直接接続するか、供給ラインが接続された状態で使用されるエンジンである。

外観は、後期のアトラスⅡロケットのRS-56-OSAエンジンに似通っている。

使い方

LV-T45はLV-T30と非常によく似たエンジンであるが、推力が若干低く、比推力向上率が高く、推力偏向が行なえる。推力が低く重量が増加するため、初段には適さない。第2段や初段に併用する際のコアステージに向き、高高度における比推力の高さを活かすことで利点を引き出せる。

このエンジンには二つの優れた用途がある。並列ブースターのコアステージでは、主にLV-T30またはBACC "サンパー"固体燃料ブースターを主推力とする機体の姿勢制御を可能にする。周囲の補助ブースターを使い切り分離した後もLV-T45エンジンは稼働し続ける。または空力的に安定した第2ステージでは、適切に固体燃料ブースターを使用して高空で始動し、第1ステージの制御はリアクションホイールで行なうか、重力ターン開始前に第1ステージの燃焼を終える。

ゲーム内の説明

推力偏向機能を備えたSwivelの登場は、LV-Tシリーズの大きな躍進だとみなされています。LV-T45はLV-Tシリーズとしては小型の部類で、ベクタードスラストは機体操縦の大きな助けになりますが、この機構を加えたことで重量は増加しています。

Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co

変更点

1.0
  • Isp(大気)が270から250に低下
  • 最大推力が200から215に増加
1.0
  • Ispが370 s (真空) / 320 s (大気) から 320 s (真空) / 270 s (大気)に減少
  • ジンバル可動角が 1°から 3°に増加
  • コストが 950 から 1200に増加
0.22
  • 発電量を6.0へ増加。
0.18
0.18以前の外観。
  • モデルとテクスチャを刷新。
  • 発電機能を追加、発電量は1.0。
0.16
  • Major CFG revision (most notably Isp added)
0.12
  • 実装。