LV-T45 "Swivel" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
LV-T45 "スウィーベル" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co

接続サイズ M
コスト (合計) 1 200.00 Funds
質量 (合計) 1.50 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Basic rocketry.png 基礎ロケット工学
開発導入費 3 500 Funds
バージョンから 0.12
Part configuration liquidEngineLV-T45
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 167.97 kN
(真空) 215.00 kN
比推力 (1 atm) 250 秒
(真空) 320 秒
燃料流量 13.70 Units of fuel/秒


推力偏向 3 °
Testing Environments
On the surface はい
In the ocean はい
On the launchpad はい
In the atmosphere はい
Sub orbital はい
In an orbit はい
On an escape はい
Docked いいえ
Test by staging はい
Manually testable はい


LV-T45 "スウィーベル" 液体燃料エンジンは、外部液体燃料タンクからの燃料供給を必要とし、それらの下に直接接続するか、供給ラインが接続された状態で使用されるエンジンである。

外観は、後期のアトラスⅡロケットのRS-56-OSAエンジンに似通っている。

使い方

LV-T45はLV-T30と非常によく似たエンジンであるが、推力が若干低く、比推力向上率が高く、推力偏向が行なえる。推力が低く重量が増加するため、初段には適さない。第2段や初段に併用する際のコアステージに向き、高高度における比推力の高さを活かすことで利点を引き出せる。

このエンジンには二つの優れた用途がある。並列ブースターのコアステージでは、主にLV-T30またはBACC "サンパー"固体燃料ブースターを主推力とする機体の姿勢制御を可能にする。周囲の補助ブースターを使い切り分離した後もLV-T45エンジンは稼働し続ける。または空力的に安定した第2ステージでは、適切に固体燃料ブースターを使用して高空で始動し、第1ステージの制御はリアクションホイールで行なうか、重力ターン開始前に第1ステージの燃焼を終える。

ゲーム内の説明

推力偏向機能を備えたSwivelの登場は、LV-Tシリーズの大きな躍進だとみなされています。LV-T45はLV-Tシリーズとしては小型の部類で、ベクタードスラストは機体操縦の大きな助けになりますが、この機構を加えたことで重量は増加しています。

Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co

変更点

1.0
  • Isp(大気)が270から250に低下
  • 最大推力が200から215に増加
1.0
  • Ispが370 s (真空) / 320 s (大気) から 320 s (真空) / 270 s (大気)に減少
  • ジンバル可動角が 1°から 3°に増加
  • コストが 950 から 1200に増加
0.22
  • 発電量を6.0へ増加。
0.18
0.18以前の外観。
  • モデルとテクスチャを刷新。
  • 発電機能を追加、発電量は1.0。
0.16
  • Major CFG revision (most notably Isp added)
0.12
  • 実装。