LY-10 Small Landing Gear/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
LY-10 Small Landing Gear
パーツ画像
Landing gear by
LightYear Tire Company
接続サイズ 側面設置
コスト (合計) 600.00 Fund
質量 (合計) 0.05 t
空気抵抗 0.2-0.3
耐熱温度 2600 K
耐衝撃性 50 m/s
開発技術 Advanced landing.png Landing
開発導入費 3800 Fund
実装version 0.15
Part configuration LandingGear
Retractable ✓ 有
Brake torque 4.0 kNm
Steering range 30.0
Max. speed {{{speed}}} m/s
Electricity used {{{elec}}} ⚡/s

Small Gear Bayは格納式の車輪脚で、航空機など滑走が必要な機体の脚として使用できる。

使い方

Small Gear Bayには車輪があるため滑走による破損を防ぐことが出来る。またローバーの車輪としても利用できる。0.18以降は照明が内蔵され、電力を消費せずに機体足元を照らすことが出来るようになった。

Small Gear Bayの車輪と他のローバー用車輪には重大な相違点がいくつかある。Small Gear Bayには駆動能力が無いため、走行するためには別途動力を用意する必要がある。ただし標準的な用途となる航空機ではジェットエンジンロケットエンジンが装備されているので大きな問題にはならないだろう。駆動能力がない代わりに、離着陸の速度に対応できるよう他の車輪をはるかに越える200m/s以上の耐久速度を備えている。

0.23.5時点では他の着陸脚と異なり、Small Gear Bayは内部処理的に質量は無視されている。この措置は支柱燃料ラインなどでもとられている。また車輪を出し入れしても空気抵抗は変わらないため、車輪格納のメリットは無い。

0.23のアップデートでSmall Gear Bayに旋回軸が追加されたが、デフォルトでは固定されているため右クリックメニューで"Unlock Steering"を選択する必要がある。VABSPH内で設定を変更することで飛行開始時点から旋回可能になる。

ゲーム内の説明

大気圏内で使用するための、ハイパフォーマンスなギアです。

変更点

0.23
  • 操舵軸の追加。
0.18
  • 照明を追加。
0.15
  • 実装。

注釈