M4435 Narrow-Band Scanner/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
M4435 Narrow-Band Scanner
パーツ画像
Scanner by
Experimental Engineering Group
接続サイズ S
コスト (合計) 1 000.00 Fund
質量 (合計) 0.10 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/s
開発技術 Experimental science.png Experimental Science
開発導入費 3000 Fund
実装version 1.0
Part configuration OrbitalScanner
Field of View (min) 5 °
(max) 90 °
Detection 0 %
Enhancable ✓ 有
Modes Resources

M4435 Narrow-Band Scannerは1.0で実装されたパーツ。

ゲーム内の説明

Ideal for surveying potential landing sites, this scanner provides detailed information about the planet or moon that it orbits, though this data is limited to the spot directly below the scanner.

用途

M4435 Narrow-Band Scannerは高解像度の地表精査データを供給する。これはスキャナの下に位置するごく狭い範囲しかスキャンできないという意味をふくむ。スキャナは主に鉱石が集積する地帯を選定して採掘をおこなうために用いられる。M700 Survey Scannerよりも高精度なので、前もってSurvey Scanで広域精査し、資源が高密度に分布しているエリアをNarrow-Band Scannerで精査するのが合理的だ。

M4435を人工衛星に積みこんで極軌道を周回させるのがもっとも効率的となる場合もある。極軌道なら最終的には天体上のすべての地表を巡ることになるからだ。なのでM700 Survey Scannerもいっしょに極軌道を周回させ、M4435のためにスキャンするのが賢いやりかたとなる。

必須条件

M4435 Narrow-Band Scannerは、前もって軌道からの観測を完了させておく必要がある。 (M700 Survey Scannerも参照の事) それ以外の方法ではデータが得られない。

Changes

1.0
  • リリース