Mk-55 "Thud" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Mk-55 "サッド" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Rockomax Conglomerate
接続サイズ 側面設置
コスト (合計) 820.00 Funds
質量 (合計) 0.90 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Advanced rocketry.png 先進的ロケット工学
開発導入費 3 500 Funds
バージョンから 0.16
Part configuration liquidEngineMk55
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 108.20 kN
(真空) 120.00 kN
比推力 (1 atm) 275 秒
(真空) 305 秒
燃料流量 8.02 Units of fuel/秒


推力偏向 8 °
Testing Environments
On the surface ✓ はい
In the ocean ✓ はい
On the launchpad ✓ はい
In the atmosphere ✓ はい
Sub orbital ✓ はい
In an orbit ✓ はい
On an escape ✓ はい
Docked × いいえ
Test by staging ✓ はい
Manually testable ✓ はい


Mk-55 "Thud" Liquid Fuel Engineは側面設置型の液体燃料エンジンで、動作させるには液体燃料タンク側面に設置するか燃料ラインで接続する必要がある。

使い方

Mk-55は第3の液体燃料エンジンで、推力偏向機能を備えており着陸降下で性能を発揮する。Mark 55の推力はかなり低いが、軽量さが相まって推力重量比はLV-T45に匹敵する。

低推力(と側面設置)なためMark 55は単発では下段主力エンジンの役割をこなすことが出来ないが、主力エンジンとは別に補助エンジンとして取り付けることで推力の加算を容易にできる。一般的なエンジンとは異なり、着陸船では地面接触を回避する位置に設置しやすい。比推力は1気圧で275秒、真空で305秒と標準的。ReliantSwivelエンジンと比べそれほど見劣りしない。大気中での着陸飛行には適さない。

またLV-1R Spider24-77 TwitchO-10 Puffなどの他の側面設置タイプ同様、着陸脚を直接取り付けることができる。

ジンバル角 8°はLV-1R Spider、24-77 Twitchと並んで最高を誇る。

説明文

革命的な新型エンジンを設計するにあたり、ぶっ飛んだエンジニアを探すことから始めました。そしてかの有名な頭脳、Eumon Kermanに行き着いたのです。彼は無様にも失敗し、出来たのがコレです。

変更点

1.0.3
  • 説明文変更。
0.90
  • コスト、Isp、ジンバル値を変更。
0.18
  • 説明文を変更。
0.18
  • 質量を1.5から0.9へ、ジンバル偏向角を3°へ、耐熱温度を300から350へ、比推力が真空330/1気圧280から真空320/1気圧290へ変更。
0.17
  • パーツ名称を'Mark 55 Radial mount engine'から'Rockomax Mark 55 Radial Mount Liquid Engine'へ変更。
  • 推力を80 kNから120 kNへ変更。
  • 製造メーカーをJebediah Kerman's Junkyard and Spaceship Parts Co.からRockomax Conglomerateへ変更。
0.16
  • 実装。