Mk1-2 Command Pod/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search


Mk1-2 コマンドポッド
パーツ画像
Command pod によって
Kerlington Model Rockets and Paper Products Inc
接続サイズ M, L
コスト (合計) 3 800.00 Funds
(乾燥) 3 764.00 Funds
質量 (合計) 4.12 t
(乾燥) 4.00 t
空気抵抗 0.15-0.2
耐熱温度 2400 K
耐衝撃性 45 m/秒
開発技術 Tech tree large control.png コマンドモジュール
開発導入費 7 600 Funds
バージョンから 0.16
Part configuration Mk1-2Pod
Command module
ピッチトルク 15.0 kN·m
ヨートルク 15.0 kN·m
ロールトルク 15.0 kN·m
トルク消費電力
0.080
秒·kN·m
定員 (最大) Crew
(必要) Crew
一液式推進剤 30 Units of fuel
電力容量 150.0 
SASレベル × なし
Wing
揚力 1.4


Mk1-2 Command PodKerbal3人が搭乗可能な司令モジュールである。

使い方

Mk1-2 Command Podは一般的にロケット最上部に設置されており、十分な基本性能を有している。他の有人ポッドと比べて約2倍のトルク出力を持ち、中規模ロケットまでなら十分な性能である。

上部には中型の接続ポイントがあり、Mk16-XL ParachuteドッキングポートSASモジュール、RCSタンク、Launch Escape Systemなどが設置できる。また底部には大型の接続ポイントがある。EVAハッチの下にはステップが数段設置されており、IVA/jaIVA視点では2ヶ所の窓から外部を確認できる。

Mk1-2 Command Pod上段右座席の内装と窓から見える旧発射塔。

Mk1-2 Command Podはほとんどのパーツを上回る45 m/sという高い耐衝撃性を有しており、墜落時に他のパーツが大破してもポッドだけ残るということがしばしば起こる。これはKerbin地表で発生した場合には幸いだが、他の天体で発生すると帰還手段を失って乗員が取り残される結果となる。 But note that when it comes to pure impact tolerance, the Mk3 Cockpit intended for spaceplanes has an even higher rating.

50単位の内蔵電源と30Lの内蔵モノプロペラントタンクを有しており、簡単な任務であれば予備を積載せずとも達成することが出来る。

ゲーム内の説明

この近代的コクピットは完全に再使用が可能なようにデザインされました。広いキャビンは最大3名のクルーを収容できます。

変更点

0.23
  • 内蔵モノプロペラントを追加。
0.17
  • Added interior view
0.16
  • 実装。