Mk16 Parachute/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Mk16 パラシュート
パーツ画像
Parachute によって
Found lying by the side of the road

接続サイズ S
コスト (合計) 422.00 Funds
質量 (合計) 0.10 t
空気抵抗 0.22
耐熱温度 2500 K
耐衝撃性 12 m/秒
開発技術 Start.png スタート
開発導入費 0 Funds
バージョンから 0.7.3
Part configuration parachuteMk1
Semi-deploy drag 1
Semi-deploy trigger 0.04 atm
Fully-deploy drag 500
Fully-deploy trigger 1000 m AGL
Max. Temp chute 650 K
Testing Environments
On the surface いいえ
In the ocean いいえ
On the launchpad いいえ
In the atmosphere はい
Sub orbital いいえ
In an orbit いいえ
On an escape いいえ
Docked いいえ
Test by staging はい
Manually testable いいえ


Mk16 パラシュートは、他のパラシュートパーツと同様、降下速度を遅らせるためのパーツである。

使い方

ステージ起動、またはパーツアクションメニューからの展開実行によって起動するが、初期設定では「安全」時のみ起動するようになっている。安全性はステージバーのパラシュートアイコンの背景色や、パーツアクションメニューで分かる。

起動すると、パラシュートアイコンの前景色が変わり、設定された「半展開する気圧」(初期値0.04)になるまでは展開しない。すでに気圧条件を満たしている場合はすぐに半展開する。

設定された全展開する「高度」(初期値1,000m)以下になると全展開する。すでに高度以下であればすぐに全展開する。

それぞれ、気圧と高度は、組立中/飛行中に、決められた範囲内で調整が可能である。

空気抵抗は、半/全展開時の直径と、大気密度、機体速度、パーツ空気抵抗値に基づいて算出される。

半展開時はほぼ作動と同時に抵抗が発生するが、全展開抵抗発生まではタイムラグがあり、最大で600mほど降下する可能性がある。

ゲーム内の説明

Mk16は端切れを縫い合わせたようなものだと思われているかもしれませんが、実際その通りです。とはいえ自由落下より幾分マシだとしてMk16は広く使われてきたという実績があります。

ギャラリー

変更点

0.18
0.16
  • 重量を0.3から0.1へ変更。
  • 全展開時の空気抵抗を55から500へ変更。
0.15
  • 表面取り付けが可能になった(リリースノートに記載なし)。
0.9
  • Parts now have an ActivatesEvenIfDisconnected parameter on the cfg to allow them to be activated after jettisoning
  • Fixed parachutes not deploying if not set to the last stage. (they can still deploy when jettisoned)
  • Parachutes now have a 'useAGL' parameter. If that's enabled, it will deploy when it reaches deploy altitude from ground level
  • パラシュートが大気圏外で展開しないようになった(リリースノートに記載なし)。
0.8.5
  • Parachutes can now deploy automatically if jettisoned along with other parts (allowing for parts to be safely landed)
  • Added some sound effects for the parachute opening
  • Added cfg-definable parameter for parachute autodeployment delay
0.7.3
  • KSP初公開。