Mk1 Command Pod/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Mk1 Command Pod
パーツ画像
Command pod by
Kerlington Model Rockets and Paper Products Inc
接続サイズ S, M
コスト (合計) 600.00 Fund
(乾燥) 588.00 Fund
質量 (合計) 0.84 t
(乾燥) 0.80 t
空気抵抗 0.15-0.2
耐熱温度 2200 K
耐衝撃性 14 m/s
開発技術 Start.png Start
開発導入費 Fund
実装version 0.7.3
Part configuration mk1pod
Command module
ピッチトルク 5.0 kN·m
ヨートルク 5.0 kN·m
ロールトルク 5.0 kN·m
トルク消費電力
0.048
s·kN·m
定員 (最大) Crew
(必要) Crew
一液式推進剤 10 units of fuel
電力容量 50.0 
SASレベル × None
Wing
揚力 0.35

Mk1 コマンドポッドは、カーバル一名を収容してミッションを行なえる操縦装置である。

使い方

1.5以降のMk1ポッドの機内視点。

通常、Mk1 コマンドポッドはロケットの先端部に取り付けられ、操縦装置としてのすべての機能を提供する。他のほとんどの有人操縦装置の半分のトルクパワーを持つ。これは大抵の小型ロケットには十分だが、大型ロケットには追加の制御装置が必要である。小型であるため、シャトルや着陸船にも使用できる。

Mk1 コマンドポッドは、小型の接続ポイントを先端部に持ち、そこにMk16 パラシュートを設置するのが典型的である。また下部は中型の接続ポイントになっている。 ポッドの乗組員用のハッチには、機内視点(IVA)モードで見ることができる小さな窓がある。ハッチの下には2段のはしごがついている。

Mk1 コマンドポッドは、キャリアモードで最初に使用できる操縦装置である。

ゲーム内の説明

Mk1 Command Podは、もともとは展示用の実物大ロケット模型に搭載するためのモックアップでしたが、世界中のロケット科学者から従来のものよりはるかに安全で信頼性が高いと絶賛され、今では至る所で普通に使用されています。

カーリントン・モデルロケット&製紙

トリビア

現実との比較

Mk1 コマンドポッドはマーキュリーカプセルに触発されている。

バリエーション

バージョン 1.5時点で、このコマンドポッドには組立中に切り替えられる色バリエーションが3つ存在する。

Dark variant
White variant
Gray-White variant
コマンドポッドの異なる色バリエーション

ギャラリー

変更点

1.5
  • 新しい外観とテクスチャ
  • 3つのバリエーション追加
  • 新機内視点(IVA)
1.2
  • 機内視点(IVA)を改善。
0.23
  • 一液式推進剤を追加。
0.18
  • 電力を追加。
0.16
  • 性能調整: 重量を1.0から0.8に、定員を3人から1人に変更。
  • 外観を刷新。
0.8.5
  • Exposed Kd, Ki and Kp parameters for tuning the SAS and CommandPod modules
0.8.2
  • (バグ修正) Pod cannot be dropped if an Escape Tower (PunchOut addon) is attached
0.7.3
  • 初公開。

参考文献

  1. http://kerbaldevteam.tumblr.com/post/28557698420/obituary-mk1-pod