Mk1 Command Pod/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Mk1 Command Pod
パーツ画像
Command pod by
Kerlington Model Rockets and Paper Products Inc
接続サイズ M, S
コスト (合計) 600.00 Fund
(乾燥) 588.00 Fund
質量 (合計) 0.84 t
(乾燥) 0.80 t
空気抵抗 0.15-0.2
耐熱温度 2400 K
耐衝撃性 14 m/s
開発技術 Start.png Start
開発導入費 Fund
実装version 0.7.3
Part configuration mk1pod
ピッチトルク 5.0 kN·m
ヨートルク 5.0 kN·m
ロールトルク 5.0 kN·m
トルク発生時消費電力
0.048
s·kN·m
定員 (最大) Crew
(必要) Crew
モノプロペラント 10 units of fuel
電気容量 50.0 
SAS level × None

Command Pod Mk1とはKerbal一人を収容可能な司令ポッドである。マーキュリー計画の宇宙船によく似ている。

使い方

Mk1 Podの内部の様子。窓から外を見ることができる。

通常このパーツはロケットの先端部に取り付けられる。このモジュールからすべての操作を行っている。ほとんどの有人モジュールに対して半分の回転力しかない。小型ロケットであれば十分であるが、大型ロケットになると回転力が足りないため追加でコントロールシステムを設置する必要がある。

Mk1 Command Podの特徴は小型の接続ポイントが先端部にあることであり、大抵はそこにMk16 Parachuteを設置したりする。また下部は中型の接続ポイントになっている。 ハッチはIVAモードで見ることができる小さな窓と同じ場所にある。ハッチの下には2段のはしごがついている。

ゲーム内の説明

もともとロケットのモックアップ用の展示品として製作されましたが、Mk1コマンドポッドは世界中のロケット科学者がそれまでに設計したものよりとても安全で信頼性が高いため歓迎され使われるようになりました。現役ロケットに使われているのがよく見られます。

トリビア

version 0.16でデザインが変更され、旧モデルはKerbal Space Center内に記念碑として遺されている。[1] また旧command podはKSC近海の孤島にある旧飛行場の格納庫内でも見ることが出来る。

ギャラリー

変更点

0.16
  • モノプロペラント追加。
0.16
  • 性能調整: 質量を1.0から0.8に、定員を3人から1人に変更。
  • モデル変更。
0.8.5
  • Exposed Kd, Ki and Kp parameters for tuning the SAS and CommandPod modules
0.8.2
  • (Bug fix) Pod cannot be dropped if an Escape Tower (PunchOut addon) is attached
0.7.3
  • KSP初公開。

参考文献

  1. http://kerbaldevteam.tumblr.com/post/28557698420/obituary-mk1-pod