Mk1 Inline Cockpit/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Mk1 インラインコックピット
パーツ画像
Cockpit によって
C7 Aerospace Division
接続サイズ M
コスト (合計) 1 600.00 Funds
(乾燥) 1 591.00 Funds
質量 (合計) 1.03 t
(乾燥) 1.00 t
空気抵抗 0.08
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 40 m/秒
開発技術 Tech tree aerodynamics.png エアロダイナミクス
開発導入費 5 800 Funds
バージョンから 0.15
Part configuration mk1InlineCockpit
Command module
ピッチトルク 10.0 kN·m
ヨートルク 10.0 kN·m
ロールトルク 10.0 kN·m
トルク消費電力
0.030
秒·kN·m
定員 (最大) Crew
(必要) Crew
一液式推進剤 8 Units of fuel
電力容量 50.0 
SASレベル × なし


Mk1 Inline Cockpitは前後に中型の接続ポイントがあり、直列配置が可能なコックピットである。

使い方

前後の中型接続ポイントを利用してRCSタンクやSASモジュール、ノーズコーンなどを配置できる。Mk1 Cockpitとは異なり窓や計器盤も無く、内装は空なのでIVAの役には全く立たない。機能的なコックピット内装に置き換えるMODがいくつか製作されている。

ゲーム内の説明

次世代の直列コクピットです。流線型の高速飛行機用にデザインされています。

変更点

0.25
  • パーツ名称をMk2 CockpitからMk1 Inline Cockpitへ変更。(旧名は新Mk2が使用。)
0.18
  • 内蔵電源を追加。
0.17
  • IVAモードを実装。
0.16
  • 定員を3人から1人に変更。
0.15
  • 実装。