Mk1 Lander Can/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Mk1 ランダー缶
パーツ画像
Command pod によって
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co
接続サイズ M
コスト (合計) 1 500.00 Funds
(乾燥) 1 482.00 Funds
質量 (合計) 0.66 t
(乾燥) 0.60 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 8 m/秒
開発技術 Flight control.png 先進的フライトコントロール
開発導入費 6 800 Funds
バージョンから 0.20
Part configuration mk1LanderCan
Command module
ピッチトルク 3.0 kN·m
ヨートルク 3.0 kN·m
ロールトルク 3.0 kN·m
トルク消費電力
0.100
秒·kN·m
定員 (最大) Crew
(必要) Crew
一液式推進剤 15 Units of fuel
電力容量 50.0 
SASレベル × なし


Mk1 ランダー缶は、1名のカーバル乗組員が搭乗して任務を遂行するための操縦装置である。着陸を主眼に置いた設計で、下方視界を確保するために下向きに窓が取り付けられている。

使い方

コックピットのパノラマ画像

Mk2 ランダー缶の小型版で、1名のカーバルしか収容できない。名前の通り着陸船用途に適した構造で、下向きの広い窓は着地点の観察に有効である。外装は八角形でエンジンや着陸脚の側面取り付けをしやすい構造になっている。しかし耐衝撃性は低く着陸脚が失われると一変、非常に危険となる。またゲーム中最軽量の有人ポッドであり、多くのdelta-vが必要とされる場面で有利である。

ゲーム内の説明

Mk1 Lander Canは、大気の無い天体向けの軽量な単座着陸船として設計されました。ボディ全てがクラッシャブルゾーンという斬新な機体です。

Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co

トリビア

  • 頭上計器のさらに上にカービンの全球写真が貼られている。
  • 船内2ヶ所に付箋メモが貼られている。
ソフトウェアに不具合あり
フライト前にアップデートすること
忘れるな!

頭上計器のさらに上

メモ:
ハッチを閉じる事!
おやつを忘れずに

左側の機器

  • 船内右壁面に飛行前チェックリストが貼られている。
PRE-FLIGHT CHECKLIST

☐ Get permission to use ship
☐ Turn off oxygen
☐ Check for missing parts
☐ Tighten loose screws
☐ Sit in chair
☐ Turn on ship systems
☐ Check fuel reserves
☐ Check snack levels
☐ Run system diagnostics
☐ Check radio contact
☐ Engage SAS
☐ Remember EVA Helmet

☐ Close Airlock Hatch

Pre-flight checklist

変更点

1.2
  • IVAを改善
0.20
  • 実装。