Mk2 Cockpit/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
この記事は0.25で追加された新規パーツについて記述されています。旧名称がMk2 CockpitであるパーツについてはMk1 Inline Cockpit/jaを参照してください。
Mk2 コックピット
パーツ画像
Cockpit によって
C7 Aerospace Division
接続サイズ Mk2
コスト (合計) 3 500.00 Funds
(乾燥) 3 482.00 Funds
質量 (合計) 2.06 t
(乾燥) 2.00 t
空気抵抗 0.1
耐熱温度 2500 K
耐衝撃性 45 m/秒
開発技術 Supersonic flight.png 超音速飛行技術
開発導入費 20 000 Funds
バージョンから 0.25
Part configuration mk2CockpitStandard
Command module
ピッチトルク 15.0 kN·m
ヨートルク 15.0 kN·m
ロールトルク 15.0 kN·m
トルク消費電力
0.033
秒·kN·m
定員 (最大) Crew
(必要) Crew
一液式推進剤 15 Units of fuel
電力容量 150.0 
SASレベル × なし
Wing
揚力 0.6


Mk2 CockpitMk2型の接続ポイントがあるコックピットである。航空機パーツMODである"Spaceplane Plus"(SPP)から公式採用された。

使い方

機長席(左)のパノラマ画像

アタッチメントノードは1箇所しか無く、Mk2特有の形状、やや揚力をもつので、おのずと使用用途は決まってくる。2人収容できるが、うち一人は操縦に必要なので、人員輸送力は低い。Mk2 Crew Cabinを使うことで輸送力を上げられる。 Mk2コクピットはいくらか(15)のモノプロペラントが、まずまず(150)電力容量をもつ。 リソースの量は変えられる。

調整可能な項目は:

  • ToggleFlag - のオンオフ。
  • Light On/Light Off - コクピット内照明のオンオフ。

ゲーム内の説明

1人ならず2人もの緑にフィット!C7エアロスペースの愛すべき社員たちによる新しい槍型デザインのMk2が、空と呼ばれるあの青い彼方を突き刺すのをお手伝いします。

変更点

0.25
  • 実装。

トリビア

  • ディスプレイのうち一つはk-OSクラッシュ画面になっていて、Microsoft Windows95のクラッシュ画面に似せてある。