Mk2 Drone Core/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
この記事は不完全です。加筆Discussionにご協力ください。
MK2 ドローンコア
パーツ画像
Command module によって
C7 Aerospace Division
接続サイズ Mk2
コスト (合計) 2 700.00 Funds
質量 (合計) 0.20 t
空気抵抗 0.3-0.2
耐熱温度 2500 K
耐衝撃性 20 m/秒
開発技術 Automation.png オートメーション
開発導入費 22 000 Funds
バージョンから 0.25
Part configuration mk2DroneCore
Command module
ピッチトルク 15.0 kN·m
ヨートルク 3.0 kN·m
ロールトルク 3.0 kN·m
トルク消費電力
0.033
秒·kN·m
消費電力 3.00 ⚡/分
電力容量 250.0 
SASレベル 3
KerbNet
Field of View (min) 10 °
(max) 20 °
Detection 48 %
Enhancable ✓ はい
Modes Biome
Terrain


The MK2 Drone CoreはMk2サイズの無人コマンドモジュール 。KSP0.25から実装された。無人プローブとして動作し、電力を消費する。

用途

考えられるMk2 Drone coreの使いみちとしては、飛行機やスペースプレーンのテスト中に緑が殉職するのをふせいだり、宇宙飛行士が船を離れても近づきやすくするなどの用途が挙げられる。 リアクションホイールによるトルクの量が方向で変わる、めずらしい特徴をもつ。ピッチ軸はトルク量15 kN·m、ヨーとロールは3 kN·m。なので多くのプレイヤーはMk2サイズのリアクションホイールを別途とりつけ、航空力学によるコントロールがきかない宇宙空間での姿勢制御の足しにしている。

ゲーム内の説明

After extensive research and testing to improve the safety factor of next-generation modules for their Mk2 series, engineers at C7 Aerospace got fed up with having to constantly find new recruits willing to test their prototypes, and decided to develop an autonomous AI capable of doing the same job, only with a lot less screaming over the comms link. This was met with divided opinions, some criticizing C7 as taking the "booooring" route, others praising them for the innovation, while yet others reacted by shutting themselves in bunkers in anticipation of the time when these units will gain sentience and turn on their creators. C7 has vehemently denied any involvement in all sentient-AI-related catastrophes so far.

C7 Aerospace Division

トリビア

  • プローブユニットの隣に複数のリアクションホイールが見える。妙なことに、どの軸であろうとおなじサイズでおなじ形状をしている。

Changes

0.25
  • リリース