Mk2 Inline Cockpit/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
Mk2 Inline Cockpit
パーツ画像
Cockpit by
C7 Aerospace Division
接続サイズ Mk2
コスト (合計) 3 500.00 Fund
(乾燥) 3 470.00 Fund
質量 (合計) 2.10 t
(乾燥) 2.00 t
空気抵抗 0.1
耐熱温度 2500 K
耐衝撃性 45 m/s
開発技術 High altitude flight.png High Altitude Flight
開発導入費 20000 Fund
実装version 0.25
Part configuration mk2CockpitInline
Command module
ピッチトルク 15.0 kN·m
ヨートルク 15.0 kN·m
ロールトルク 15.0 kN·m
トルク消費電力
0.033
s·kN·m
定員 (最大) Crew
(必要) Crew
一液式推進剤 25 units of fuel
電力容量 150.0 
SASレベル × None
Wing
揚力 0.47

Mk2 インラインコックピットは、MOD "Spaceplane Plus"(SPP)から正式採用されたMk2サイズコックピットである。

用途

このパーツは揚力を生み出すため、スペースプレーンへの使用が最適である。また、前後に2つの接続ノードを持つため、他のMk2パーツの中間に置くことができる。その他はMk2 コックピットと同様である。操縦は1名の乗組員でも可能であり、1名のみの限られた乗員輸送能力を機体に提供可能である。Mk2 クルーキャビンは、乗員輸送能力を追加するために理想的である。

製品概要

うっかりMk2コックピットのノーズをへし折ってしまったC7エアロスペースの技術者たちでしたが、これはこれで機能的かもしれないと考え始めました。すぐさま残った部品をハンマーで叩き倒して形を整え、コックピットの直列配置というニーズに応えるMk2 Inline Cockpitが完成させました。すごいね!

C7 Aerospace Division

変更点

1.1
  • 新しい外観と機内視点(IVA)
0.25
  • 実装