Mk3 Cockpit/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search


Mk3 Cockpit
パーツ画像
Cockpit by
C7 Aerospace Division
接続サイズ M, Mk3
コスト (合計) 10 000.00 Fund
(乾燥) 9 880.00 Fund
質量 (合計) 3.90 t
(乾燥) 3.50 t
空気抵抗 0.1
耐熱温度 2700 K
耐衝撃性 50 m/s
開発技術 HeavyAerodynamics.png Heavy Aerodynamics
開発導入費 50000 Fund
実装version 0.15
Part configuration mk3CockpitShuttle
Command module
ピッチトルク 40.0 kN·m
ヨートルク 40.0 kN·m
ロールトルク 20.0 kN·m
トルク消費電力
0.025
s·kN·m
定員 (最大) Crew
(必要) Crew
一液式推進剤 100 units of fuel
電力容量 500.0 
SASレベル × None

Mk3 Cockpit4人が搭乗できるスペースシャトル風の大きくて高価な司令モジュールである。背面の接続ポイントはMk3専用サイズとなっている。クルーが乗り込めるモジュールとしてはゲーム内最高の耐衝撃性をもつ。

0.90アップデートにおいてMk3パーツがオーバーホールされサイズ修正・パーツ追加されたのにあわせて、モデルとテクスチャが修正された。

使い方

Mk3 Cockpitは一般的には宇宙船前部に使用されている。パーツ前面には小型パーツ接続ポイントがあり、RCSタンク、SASモジュール、ノーズコーン、ドッキングポートなどが取り付けられる。背面のMk3専用サイズの接続ポイントはMk3 Fuselageを接続できるようになっている。

Mk3 Cockpitは大きくて4人も乗り込め、モノプロペラントもMk1-2 Command Podより多く積めるが、それでいて重量は3.9tと、Mk1-2 Command Podの4.12tより軽い。このコクピットの性能はその役割によく適している。パワフルなリアクションホイールは大型スペースプレーンに使いやすい。500単位の電力容量をもち、100単位のモノプロペラントを搭載する。経験を積んだパイロットなら離陸・ドッキング・着陸といった典型的なSSTOミッションをこなすのに十分なものだろう。

調整可能な項目:

  • ToggleFlag - ミッションフラッグのオン・オフ。 (VAB/SPHでのみ可能)
  • Lights On/Lights Off - コクピット内部照明のスイッチ。

ゲーム内の説明

屈強な探検家のためのコクピットです。特にたくさんの乗組員を遠くの岩まで運んで世界を救ったりするのにちょうどいいです。注釈:IVAはまだ輸送中であり税関待ちです。

変更点

1.0
  • IVA実装
0.90
  • ニューモデル、テクスチャ(まだIVAはなし)
0.25
  • テクスチャ変更
0.18
  • 質量を1から3.5に変更。
  • 内蔵電源を追加。
0.17
  • IVAモードを実装。
0.15
  • 実装。