O-10 "Puff" MonoPropellant Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
O-10 "パフ" 一液式エンジン
パーツ画像
Monopropellant engine によって
Reaction Systems Ltd
接続サイズ 側面設置
コスト (合計) 150.00 Funds
質量 (合計) 0.09 t [N 1]
空気抵抗 0.2 [N 1]
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Precision propulsion.png 精密推進システム
開発導入費 2 500 Funds
バージョンから 0.24
Part configuration OMSEngine
Monopropellant engine
最大推力 (1 atm) 9.60 kN
(真空) 20.00 kN
比推力 (1 atm) 120 秒
(真空) 250 秒
燃料流量 2.04 Units of fuel/秒


推力偏向 6 °

  1. 1.0 1.1 The mass and drag are from the part config, but the game handles it massless/dragless.


O-10 "Puff" MonoPropellant Fuel Engineは、デフォルトパーツとして初めてモノプロペラントを使う推進用エンジンとして導入された。

使用

このエンジンはスロットル可能となっていて、RCSのコマンドには反応しない。ステージング・アイコンの横にはモノプロペラントの燃料メーターが表示される。

比推力は同じく側面設置タイプのLV-1R "Spider"と同じ。ただモノプロペラントの場合、タンクとエンジンを直接繋ぐ必要がないため、どのパーツにも設置できる利点がある。

質量が表記されているにもかかわらず、"PhysicsSignificance = 1"フラグがつけられており、重さも抵抗もない。

説明文

O-10エンジンが初公開された時、大昔に誰かが思いついておくべきアイデアだと評されました。この時だけはプロジェクトを予定通りに進めることができて誇らしげだったReactionSystems社の社員たちは、非常に気まずい思いをしました。このエンジンはのスロットルに連動していますが、液体燃料と酸化剤の代わりにモノプロペラントを消費します。

豆知識

  • このパーツのコンフィグはOMSEngineというディレクトリにあるが、これはスペースシャトルのOMS(軌道制御システム)と関係があるのかもしれない。OMSはハイパーゴリック推進剤を使用する。「OMSエンジン」はVer0.25変更点でも言及されている。

変更点

0.24.1
  • サイズ変更
0.24
  • 実装

参照