PPD-12 Cupola Module/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
PPD-12 キューポラ
パーツ画像
Command pod によって
Jebediah Kerman's Junkyard and Spacecraft Parts Co
接続サイズ M, L
コスト (合計) 3 200.00 Funds
(乾燥) 3 188.00 Funds
質量 (合計) 1.80 t
(乾燥) 1.76 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 8 m/秒
開発技術 Tech tree large control.png コマンドモジュール
開発導入費 10 200 Funds
バージョンから 0.20
Part configuration cupola
Command module
ピッチトルク 9.0 kN·m
ヨートルク 9.0 kN·m
ロールトルク 9.0 kN·m
トルク消費電力
0.100
秒·kN·m
定員 (最大) Crew
(必要) Crew
一液式推進剤 10 Units of fuel
電力容量 200.0 
SASレベル × なし

PPD-12 Cupola ModuleKerbal一人が搭乗できる司令モジュールである。デザインはISSのキューポラを基にしている。

使い方

コックピットのパノラマ画像とKerbin
PPD-12 Cupola Moduleは主に宇宙ステーションや惑星基地の視界確保を目的に設置される。他の一人乗りコマンドポッドより重く大きいが、それでも複数定員のパーツよりは軽い。また、衝撃に非常に弱く、空気抵抗も一般的なパーツより大きく、エネルギー容量は比較的大きい。

ゲーム内の説明

PPD-12は、KSPの中で多層絶縁されている数少ないパーツのひとつである。

PPD-12は宇宙ステーションに視認性の高い司令室を備えるべく開発されました。また思慮深いKerbalが宇宙の美しさについて思いふける場所にもなります。

トリビア

  • 右側壁面に2人組の写真が貼られている。
  • 船内にいくつか付箋メモが貼られている。:
Left the emergency slide rule in the bottom right cabinet.
(右下のキャビネットに非常用の計算尺を入れといた。)
B.K.(B… Kermanより)
P.S. I ate all the snacks(追伸、おやつは全部食べといた。)

計器盤右上の付箋メモ

Stop using bits of metal as fuses
(適当な金属片をヒューズ代わりに突っ込むのはやめろ)
YOU HAVE SPARES!(スペアを持ってるだろうが!)

左側面ヒューズボックスの付箋メモ

変更点

0.25
  • 重量を、乾重量1.76、モノプロペラント搭載時1.8に減少。
0.24
  • コストを2000から3200(うち12は燃料費)へ変更。
0.23
  • 10Lの内蔵モノプロペラントを追加。合計質量が4.5から4.54に増加。
0.20
  • 実装。