Probodobodyne OKTO2/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
プロボドボダイン OKTO2
パーツ画像
Command module によって
Probodobodyne Inc
接続サイズ S
コスト (合計) 1 480.00 Funds
質量 (合計) 0.04 t
空気抵抗 0.15-0.2
耐熱温度 1200 K
耐衝撃性 12 m/秒
開発技術 Advanced unmanned tech.png 無人化技術
開発導入費 7 500 Funds
バージョンから 0.19
Part configuration probeCoreOcto2
Command module
ピッチトルク 0 kN·m
ヨートルク 0 kN·m
ロールトルク 0 kN·m
トルク消費電力
0.000
秒·kN·m
消費電力 1.80 ⚡/分
電力容量 5.0 
SASレベル 2
KerbNet
Field of View (min) 13 °
(max) 72 °
Detection 18 %
Enhancable × いいえ
Modes Biome
Terrain


The Probodobodyne OKTO2 is an unmanned command module that runs on electricity.

Usage

Generally placed at the top of the rocket, the Probodobodyne OKTO2 provides full command module functionality. It is identical to the Probodobodyne OKTO in every way except size and mass. The smaller height decreases the area where other parts could placed on radially. As of 0.19, it is the lightest probe core.

The Probodobodyne OKTO2 features a size-0 node on top and bottom.

It is the only command module with reaction wheels which require only 0.03 E/(s·kN·m). This is still more than the 0.015 E/(s·kN·m) required by the dedicated parts. All other command modules require 0.1 E/(s·kN·m).

ゲーム内の説明

OKTOのより平べったい機種です。OKTO2は技術者がOKTOに腰掛けて潰したものから開発されたわけでは決してありません。[N 1]

変更点

0.19
  • 実装。

注釈

  1. 公式文ではスペルミスをしており concievedになっている。