RC-001S Remote Guidance Unit/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
RC-001S 遠隔誘導ユニット
パーツ画像
Command module によって
STEADLER Engineering Corps
接続サイズ M
コスト (合計) 2 250.00 Funds
質量 (合計) 0.10 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 9 m/秒
開発技術 Unmanned tech.png 先進的無人化技術
開発導入費 17 800 Funds
バージョンから 0.20
Part configuration probeStackSmall
Command module
ピッチトルク 0.5 kN·m
ヨートルク 0.5 kN·m
ロールトルク 0.5 kN·m
トルク消費電力
0.060
秒·kN·m
消費電力 3.00 ⚡/分
電力容量 15.0 
SASレベル 3
KerbNet
Field of View (min) 9 °
(max) 81 °
Detection 24 %
Enhancable × いいえ
Modes Biome
Terrain

The RC-001S Remote Guidance Unit is a command module built for unmanned Size 1 rockets.

Usage

Designed to be placed anywhere in a small-diameter stack, the RC-001S Remote Guidance Unit provides full command module functionality and SAS torque.

It consumes almost twice as much electricity as most other probe cores but, like its larger sibling the RC-L01 Remote Guidance Unit, stores three times as much electric charge. RGUs remain operational about four minutes longer than any other probe core[outdated] without another power source.

ゲーム内の説明

人事課の所構わぬ強い要求により開発されました。遠隔誘導システムは無人宇宙船に指令を送るだけでなく、内臓のリアクションホイールで無人制御を行うため、全くアレルギー症状の影響を受けません。

変更点

0.20
  • 実装。