RE-L10 "Poodle" Liquid Fuel Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
RE-L10 "プードル" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Rockomax Conglomerate

接続サイズ L
コスト (合計) 1 300.00 Funds
質量 (合計) 1.75 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Tech tree heavy rocketry.png 大型ロケット工学
開発導入費 4 200 Funds
バージョンから 0.16
Part configuration liquidEnginePoodle
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 64.29 kN
(真空) 250.00 kN
比推力 (1 atm) 90 秒
(真空) 350 秒
燃料流量 14.57 Units of fuel/秒


推力偏向 5 °
Testing Environments
On the surface はい
In the ocean はい
On the launchpad はい
In the atmosphere はい
Sub orbital はい
In an orbit はい
On an escape はい
Docked いいえ
Test by staging はい
Manually testable はい

RE-L10 "Poodle" Liquid Engine、(旧名LV-909 Liquid Fuel Engine (Large))は大型(size 2 直径2.5m)の液体燃料エンジンである。中程度の推力重量比、低い全高、高い比推力と推力、広い推力偏向角を持っている。

上段が大型のロケットの軌道投入用、軌道遷移用、大型着陸船用が主な用途である。以前はLV-T30 "Reliant"エンジンやクラスター化したLV-909 "Terrier"エンジンにも劣る性能だった。

ゲーム内の説明

苦しい経済状況の時のためのより安価なエンジンです。Poodleエンジンはパワーを絞ればBBQにも使えます。

変更点

1.0.3
  • 海面高度での比推力が85から90に増加
0.24
  • コストを600から1600へ、質量を2.5から2へ変更。
0.18
  • テクスチャ変更。
0.17
  • 質量を4から2.5へ、推力を135から220へ変更。
0.16
  • 実装。 (LV-909名称で)