RE-M3 "Mainsail" Liquid Engine/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
RE-M3 "メインセイル" 液体燃料エンジン
パーツ画像
Liquid fuel engine によって
Rockomax Conglomerate

接続サイズ L
コスト (合計) 13 000.00 Funds
質量 (合計) 6.00 t
空気抵抗 0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/秒
開発技術 Heavier rocketry.png 超大型ロケット工学
開発導入費 38 000 Funds
バージョンから 0.16
Part configuration liquidEngineMainsail
Liquid fuel engine
最大推力 (1 atm) 1 379.03 kN
(真空) 1 500.00 kN
比推力 (1 atm) 285 秒
(真空) 310 秒
燃料流量 98.68 Units of fuel/秒


推力偏向 2 °
Testing Environments
On the surface はい
In the ocean はい
On the launchpad はい
In the atmosphere はい
Sub orbital はい
In an orbit はい
On an escape はい
Docked いいえ
Test by staging はい
Manually testable はい


RE-M3 "Mainsail" Liquid Engineはストックパーツのなかでも最も重くパワフルな大型直径エンジンである。主に大型ロケットや下段に用いられる。Rockomax X200-32 Fuel Tankなどの大型直径タンクに接続されることが多い。バージョン 0.23.5以前は、最大かつ最高出力のエンジンのひとつだったが、S3 KS-25x4 Engine Clusterにその称号をもって行かれた。

使い方

Mainsailは大型の液体燃料タンクを軌道に上げたり、重量級の宇宙船の推進として使われることが多い。推力偏向によって初段の操縦性と安定性に大きく寄与してくれるが、 S.A.S.によって機体が分解しないように注意しなければならない。このエンジンの推力重量比は優れている。比推力もなかなか良いが、消費燃料が多いことに変わりはない。

高出力と推力偏向を持ち合わせるため、強度の貧弱な中段ロケットなら破壊しうる。スロットルを下げるかジンバルをロックすることが推奨される。バージョン0.22以前、MainsailはRockomax Jumbo-64 Fuel Tankの下につけて最大出力にしつづけるとオーバーヒートですぐに爆発した。この問題は解決されたが、別のパーツにおいて同じバグが発生することがある。Jumbo-64とエンジンの間に小さな支柱か燃料タンクを配置することで回避できる。

パーツ説明文

重量級の打ち上げにはモンスター級のエンジンを。Mainsailのパワーは小さな国家ひとつ分に匹敵します。


変更点

0.24
  • コスト増加 (850 → 5650), 比推力増加 (280-330 → 320-360)
0.22
  • heatProduction が 500 から 400 に減少。Jumbo-64との熱のバグを修正
0.17
  • 名称を LV-T30 Liquid Fuel Engine から Rockomax "Mainsail" Liquid Engineに変更、説明文を変更
  • 推力増加(1200 → 1500), 質量減少 (7 → 6)
0.16
  • 実装