ROUND-8 Toroidal Fuel Tank/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
ROUND-8 トロイダル型燃料タンク
パーツ画像
Liquid fuel tank によって
Probodobodyne Inc
接続サイズ M
コスト (合計) 175.00 Funds
(乾燥) 147.46 Funds
質量 (合計) 0.34 t
(乾燥) 0.04 t
空気抵抗 0.15-0.2
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 6 m/秒
開発技術 Precision propulsion.png 精密推進システム
開発導入費 4 800 Funds
バージョンから 0.18
Part configuration fuelTankToroidal
液体燃料 27 Units of fuel
酸化剤 33 Units of fuel


ROUND-8 Toroidal Fuel Tank液体燃料を供給する燃料タンク。名前のとおりトーラス(円環面)状の燃料タンクである。

用途

現バージョンでOscar-B Fuel Tankに次いで2番目に小さい燃料タンク。ぱっと見小さいサイズだが、Oscar-Bの1.5倍の容量を持つ。

無人プローブと小型ビークルに最適。とてもコンパクトに積み込むことができる。その反面、側面アタッチメントを持たず、直径が小サイズよりも大きくなっている。

見た目にこだわった宇宙船ではタイヤのようになったり、救命浮輪やワープコイルっぽく見せているが、もちろんそんな機能はなくフェイクである。

ゲーム内の説明

ROUND-8はKSPにおいてオレンジ色の多層インシュレーションカバーを持っている数すくないパーツのひとつ。内径もしくは外径によって、0.65mか1.25mに合うように設計された。

An unconventionally shaped (but undoubtedly handy) fuel tank.

Changes

1.0
  • コストが360⇢175に、乾燥重量が0.025⇢0.0375に、propellantが22.2⇢60にそれぞれ変更。
0.18
  • リリース