RT-10 "Hammer" Solid Fuel Booster/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
RT-10 "Hammer" Solid Fuel Booster
パーツ画像
Solid rocket booster by
Found lying by the side of the road
接続サイズ M, 側面設置
コスト (合計) 400.00 Fund
(乾燥) 175.00 Fund
質量 (合計) 3.56 t
(乾燥) 0.75 t
空気抵抗 0.2-0.3
耐熱温度 2000 K
耐衝撃性 7 m/s
開発技術 Basic rocketry.png Basic Rocketry
開発導入費 1200 Fund
実装version 0.7.3
Part configuration solidBoosterRT-10
Solid rocket booster
最大推力 (1 atm) 197.90 kN
(真空) 227.00 kN
比推力 (1 atm) 170 s
(真空) 195 s
燃料流量 15.83 units of fuel/s


推力偏向 × 無
燃料 375.0 units of fuel
燃焼時間 (1 atm) 20.7 s
(真空) 23.7 s
Testing Environments
On the surface × 無
In the ocean × 無
On the launchpad ✓ 有
In the atmosphere ✓ 有
Sub orbital ✓ 有
In an orbit ✓ 有
On an escape × 無
Docked × 無
Test by staging ✓ 有
Manually testable ✓ 有

RT-10 Solid Fuel Booster(略称SRB)は短期的に追加推力を得るための固体燃料ブースターである。液体燃料式とは異なり単体で動作できる反面、燃料を増設することは出来ない。

使い方

RT-10は固体燃料ロケットゆえに一度点火すると出力調整も停止も出来ないが、特筆すべきはvery high specific thrust (500N/kg and does not require separate tanks)と高い推進剤質量分率(86.7%)である。この性能は大型ロケットの第0に適しておりCareerモードScienceモードでRockomax社のMainsailSkipper両エンジンが未開発の序盤では重宝する。Traditionally, only staggered and ripple-firing techniques were available to modulate thrust, however, starting with 0.23, the thrust and propellant load can be adjusted by right clicking on the part in the vehicle editor (VAB or SPH). This makes it easier to use for smaller boosters.

Another possible use is as a kick stage for imparting high impulses to a very light payload: in this role, the high propellant fraction of the RT-10s offsets the low vacuum specific impulse and results in a high mass ratio. The high thrust allows a complete burn while in the vicinity of a planet, taking advantage of the Oberth effect. The short maneuver duration makes the predicted outcome of an associated maneuver node more accurate. Starting with editor tweaking in 0.23, it is now possible to off-load propellants, but since this can't be done in flight, careful planning is still required (The LV-909 Liquid Fuel Engine is recommended for beginners, reached by researching Survivability immediately after Basic Rocketry.)

RT-10 Solid Fuel Boosterはクラスター化して使用するとオーバーヒートする傾向がある。主な対策は、段階的に点火して同時燃焼数を減らす、冷却効果があるパーツ(支柱動翼ウィングレット等)を取り付ける、組立時に燃料を減らしてオーバーヒート前に終了するように調整する(Version0.23以降)などがある。完全に発熱を防ぐ方法としてRCSスラスター付けるバグ技がある。

RT-10の燃焼終了後、上段に配置したエンジンに点火して意図的にRT-10のオーバーヒートを誘発させることで、即席の切り離し機構として応用させることが出来る(explosive decouplingを参照)。この方法はデカップラーが未開発のCareerモードScienceモードの開始直後に、より多くのScienceポイントを獲得するのに有効である。ただし搭乗員(Jebediahを含む)は機体の破損に恐怖の表情を浮かべる。

推力は組立中に右クリックメニューから制限することが出来るが、Kerbin地表では15%未満に設定すると自重すら持ち上げられなくなる。 推力を制限すると燃料消費も穏やかになり、燃焼時間も長くなる。ただし比推力そのものが変化するわけではない。

ゲーム内の説明

爆薬を詰めたゴミ箱に毛が生えたようなものだと考えられていますが、RT-10は宇宙飛行士の生命よりコスト削減のほうが重要な場合に、たくさんの宇宙事業で使われています。ですが使用の際は注意してください。一度点火したら固体燃料ロケットは燃料が尽きるまで止めることができません。

トリビア

Version0.7.3~0.15.2の頃はRT-10はあまり利用されず、推力重量比の高さから主にネタプレイでしか出番がなかった。稀なケースとしてsticky pad(発射台貼り付き)バグの回避策に使用されたり、 ロケットの理想速度まで加速されるのにも利用された。

0.16では、比推力が442.4秒と全ロケットエンジン中最高になり、特に離陸では重宝された。しかし0.17で質量が増加修正され、比推力も212.4秒まで低下した。Other than these foibles,RT-10は初期実装パーツのなかで最も面影を残しているパーツだろう。

変更点

version 0.8~0.18の外観
0.18
  • モデルとテクスチャを刷新。
0.17
  • 合計質量を1.8tから3.5tへ変更、乾燥重量は0.36tから0.5tへ変更。
0.16
  • 推力を130から250へ変更。
0.8
  • テクスチャを変更
0.7.3
  • KSP初公開。