RoveMax Model S2/ja

From Kerbal Space Program Wiki
Jump to: navigation, search
RoveMax Model S2
パーツ画像
Rover wheel by
Kerbal Motion LLC
接続サイズ 側面設置
コスト (合計) 300.00 Fund
質量 (合計) 0.05 t
空気抵抗 0.2-0.3
耐熱温度 1200 K
耐衝撃性 20 m/s
開発技術 Space exploration.png Space Exploration
開発導入費 3100 Fund
実装version 0.19
Part configuration roverWheelS2
Retractable × 無
Brake torque 0.3 kNm
Steering range 30.0
Max. speed 12.0 m/s
Electricity used 1.0 ⚡/s

RoveMax Model S2は小型のローバー用車輪である。

使い方

Model S2は駆動車輪の中で最も小型軽量だが、最も低速で幅も狭い。平地では10 m/s以上には達せず、下り坂で20 m/sを超えそうになったらブレーキを掛けなければならない。主な用途は小型無人探査車用である。

駆動中は毎秒0.5 Eの電力を消費する(1800 E/h)。

ゲーム内の説明

小型化する探査車の部品の未開拓市場に目をつけ、チャンスに飛びついたKerbal Motion社はすぐさま無人車や小型有人車のためにモデル2を作り上げました。

変更点

0.22
  • パーツ名称をRoveMax Model 2からRoveMax Model S2へ変更。
0.19
  • 実装。